Clumber Up NewsDOGSHOW RESULTS.Puppy News and informations!
from CLUMBER UP KENNEL.
クランバーアップケネルからドッグショーリポートをはじめさまざまな情報をお届けします。
ドッグショーの結果もいちはやくリポート!おたのしみに。
当サイトの写真および文章の無断転載はおやめください。
(C)Copyright CLUMBER UP KENNEL All rights reserved.

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
お待たせしましたようやくのお顔みせ。 18:23

こんにちは。

 

花粉症なのか、風邪なのか、ジャパンインターで叫びすぎたためなのか

 

ジャパンインターでボーダーテリアの件で、JKCの担当リングスチュアードの間違いによって

 

グループ戦からおろされてしまった(ブリード審査の結果の記録の間違いでしたと謝罪文が届きました)

 

ことによってショックが大きかったためなのか、ほんとうに声が出ず、ガラガラ声になってますが

 

ケネルの前の桜もみごとに咲き、すっかり春めいてきて犬たちもすくすくと育っています。

 

 

ちなみに、ジャパンインターの件について、ボーダーテリアの牡のJackがブリードでBOBをとり

 

グループ戦に出て、個体審査の番になっていきなりリングからの退場を求められた件ですが

 

本犬、間違いなくBest of breedを獲得し、FCIの段階評価では最上位評価のExcellentを付与され

 

審査員の審査短評は、今後JKCに公開を依頼するつもりでいますが

 

Typical Border terrier head, Very sound movement, super coat , beautiful dark colour

 

といったような、すべてを褒める内容で、写真撮影のときには

 

この犬は英国産なのか? 

 

というふうに聞かれ、いいえ、アメリカからの輸入犬ですがヨーロッパで行われた

 

ワールドドッグショーでのワールドウィナーが母犬です

 

というふうに答えました、さらに、THANK YOU FOR SHOWING THIS BEAUTIFUL DOG!

 

というふうに言われ審査員と握手を交わし、リングを出ました。

 

ということで、本犬の名誉のためにも、間違いなくエクセレント評価、Best of breedを付与されたことを

 

ここで報告させてください。

 

 

 

われわれ、テリアをする者にとって、「この犬は英国産か?」というのは最高位の

 

褒め言葉です。

 

だから、ヨーロッパの審査員が、「この犬は英国産か?」と聞くということは

 

それだけの意味をもつんです。

 

これが、英語が分かるだけの人にはわからない、犬の世界の人たちだけに通ずる

 

「行間の英語」です。

 

自分はその言葉を言われたとき、審査員がどれほどこの犬を気に入ったかが分かりました。

 

たとえば、審査員がGoose bump dog!

 

というふうにいったときに、それは、鮮烈なインパクトをあたえる鳥ハダものの美しい犬!

 

みたいなことなのですが、なかなか瞬時にはわかりずらいでしょうし

 

Very nice dogとか、Very good moverというふうに、Veryを使用する場合と

 

段階評価の際の"Very Good"というグレードは、Veryの取り方が異なります。

 

FCIのショーの場合、FCI公用語であるドイツ語フランス語英語などをきちんと理解できなおかつ

 

犬体用語、ドッグショーの仕組み、システム、運営進行を理解したリングスチュアードが

 

必要となりますが、これはなかなか難しいのかもしれませんが

 

今後、あのような悲しい、ドッグショーファンシャーの夢を打ち砕くような間違いが二度と起きないよう

 

注意を払い、ドッグファンシャーへの愛情をもったドッグショー運営をしていただけたらと、願います。

 

ドッグショーが、ドッグファンシャーの夢をつなぐ場でありつづけることを願っています。

 

 

さて。

 

子どもたち。

 

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

目も開き、ぱつんぱつんに育っています。

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

茶色(レッド)といっても、ダークからウィートンみたいな色まで

 

いろんな色があります。

 

iPhoneImage.png

 

そしてお約束の、マーヤのこもり。

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.pngiPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

この、小さな、黒トリュフみたいなチビたちも

 

10年、15年という時間をかけ、熟成し、まるみを帯び

 

iPhoneImage.png

 

こんな最高のパートナードッグになってゆきます。

 

 

 

今回、この子たちを迎えるオーナーさんたち

 

 

どうぞ、どうぞ、よろしくおねがいします。

 

 

 

iPhoneImage.png

 

 

 

 

<パピーのお問い合わせ/トリミング/ハンドリング/その他お問い合わせ> 
 

clumberup@gmail.com

053-545-0537 
 
子犬をお譲りする際には、お手入れ、育て方など、犬種やその子その子にあった

接し方など、きちんとアドバイスさせていただきます。

犬の幸せを飼い主さんとともに考えるのは、ブリーダーの役目です。
 
なお、商業としての繁殖を目的とされる業者さんへの譲渡は一切行っていませんのでご了承ください。
 
子犬の空輸は行っていません。飼い主さんにお会いして、直接のお渡しのみとなります。
 
ドッグショーを楽しみたい、ショードッグを迎えたいという方、お問い合わせください。


今日もブログを読んでくださった方は↓大志君のお写真を1クリックお願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ テリアへ
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
ジャパンインターの興奮冷めやらぬ今週ですが 13:36

こんにちは。

 

ジャパンインターナショナルドッグショーでのベストインショー。

 

まだまだ、興奮冷めやらぬ状態で、外国から来たブリーダーさんたちもまだ滞在中で

 

皆で喜びを共有し、また、まだ夢だった見たいな非現実感もあり

 

まだ、達成感や喜びや、そういったうれしい感情はじわじわとこれからしみでてくるのかな

 

という感じがしています。

 

でも、自分たちが一目見て惚れこみ、日本に来てもらい、磨いて、磨いて、信じつづけた犬が

 

世界中のとても有名な審査員の先生たちから認めていただき、ベストインショーに結び付いたこと

 

あの大きなリングで最高のパフォーマンスができたこと

 

とてもうれしく思っています。

 

 

簡単に良い犬が繁殖できたり

 

簡単に勝てたり

 

簡単に有名に慣れたりすると思っている人には理解のできない

 

途方もない道のりかもしれませんが、、、ほんとうに、ほんとうに果てしなくつづく

 

毎日のケネルワークの繰り返しで、心が折れそうになることの方が多いです

 

でも、近道はないし、楽な道もないし、やったものだけがむくわれる正直な世界であってほしいと

 

心の底から、願っています。

 

 

ジャパンインターではいいことだけでなく、ジャパンケンネルクラブの致命的なミスにより

 

1頭の犬の名誉が著しく損なわれるという事態があり、これについてもまだ

 

きちんと話し合いをもっていかなくてはというふうに思っています。

 

1人1人の愛犬家、1人1人の愛好家、1人1人の出陳者の純情で誠実で真剣な思いを

 

受け止めてこそ、ケンネルクラブに未来があり、その国の犬文化の未来へとつながっていくものと

 

そういう良心があるものと、信じたいと思います。

 

 

 

先週の木曜日くらいから子犬の見学、子犬の問い合わせの連絡などを

 

一時ストップしていただいていたのですが、この土日以降来週も

 

ご見学していただけますので、ご希望のある方はお問い合わせください。

 

 

 

ジャックラッセルテリアは、ラフコートの男の子、ブロークンコートの女の子

 

どちらもマーキング良く美しく性質もとても良い子たちです。

 

ドッグショーでチャンピオンにしてみたい!という方にも、トライしてみたいという方にも

 

まあ、チャンピオンは簡単にあがるだろうなと思いますが、

 

愛犬の成長を楽しむためのドッグショーはぜひ!と思いますが前提として

  

家庭犬として育てて下る方に限定としています。

 

 

ご興味のある方は、お電話もしくはメールにてお問い合わせください。

 

ジャックラッセルテリアは、オス・メスともに今年のジャパンインターナショナルドッグショーも 

 

当ケネルの犬たちが受賞し、2016年の年間ランキングも当ケネルのラニちゃんとカイ君がナンバーワンを

 

受賞しました。

 

本年、優良犬作出ブリーダーアワードを、ジャパンケネルクラブより授与されました。

 

あらたに子犬を迎えるときには、適切な計画繁殖のもと繁殖をする

 

健全性を備えた子犬を迎えてください。

 

 

 

 

 

 

 

<パピーのお問い合わせ/トリミング/ハンドリング/その他お問い合わせ> 
 

clumberup@gmail.com

053-545-0537 
 
子犬をお譲りする際には、お手入れ、育て方など、犬種やその子その子にあった

接し方など、きちんとアドバイスさせていただきます。

犬の幸せを飼い主さんとともに考えるのは、ブリーダーの役目です。
 
なお、商業としての繁殖を目的とされる業者さんへの譲渡は一切行っていませんのでご了承ください。
 
子犬の空輸は行っていません。飼い主さんにお会いして、直接のお渡しのみとなります。
 
ドッグショーを楽しみたい、ショードッグを迎えたいという方、お問い合わせください。


今日もブログを読んでくださった方は↓大志君のお写真を1クリックお願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ テリアへ

 

 

| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
Best in show 01:34





涙が止まりませんでした。

ありがとうございました。

ほんとうにありがとうございました。

ドッグショーの神様、ありがとう。

| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
ジャパンインターナショナルドッグショーのこと、子犬のお問い合わせのことなどなど。 14:27

こんにちは。

 

先日の東京サマーランドでのドッグショーは極寒で、おまけに雨が1日中ふりつづいて

 

足もとはぐしゃぐしゃの悲惨なものでした。

 

その後やっぱり風邪なのか花粉症なのか、ぐずぐずした感じが抜けず調子悪〜ってなってましたが

 

それでも今週末は、いよいよ!

 

ジャパンインターナショナルドッグショーなので、気持ちを引き締めて準備に追われています。

 

 

 

たくさんの方が応援、お買いもの、ドッグショー見学に来てくださると思うのですが

 

テリアは、朝8:30スタートです。

 

9:00からと思ってくると、最初のいくつかのテリアを見逃してしまうのでご注意を。

 

コーギーも、8:30スタートです。

 

 

その他時間割はこちらから。

 

1日目 (土曜日) 

 

http://www.jkc.or.jp/modules/events/img/fci-japan2017/judging-schedule20170401-001.pdf

 

 

2日目 (日曜日)

 

http://www.jkc.or.jp/modules/events/img/fci-japan2017/judging-schedule20170402-002.pdf

 

 

なお、クランバーアップのパドックはB19となります。

 

 

パドックは当日、戦争のような忙しさでせっかくいらしていただいても

 

きちんとご挨拶できない可能性 大です。

  

せっかく訪ねたのに無愛想にされたと思わず、リングでの犬たちの頑張りをぜひ

 

応援していただければうれしいです。

 

自分たちも、また、犬たちも、この日のために頑張ってきました。

 

一般のペットの暮らしに比べれば、毛が汚れないようにとか、甘えんぼうになりすぎないようにと

 

ショードッグとしてある程度、規則的な生活をしてきているとおもいます。

 

ショーを引退すればどの子もみんな、コンパニオンドッグになる子たちですが

 

ドッグショーに出ている間は、ドッグショーのために、がんばって来ています。

 

どうか、カメラのフラッシュや、同伴犬の吠え声、バギーカートから犬が突然顔を出して吠えるなど

 

出陳されている犬たちが驚いたり、びっくりしたり、怯えてしまうようなことにつながるようなことが

 

ないよう、ご配慮いただければ、ありがたく思います。

 

なお、当日ハンドラーたちは7つも8つもあるリングを、あちこち秒刻みのスケジュールのなか

 

走り回っております。

 

犬種ごとのオフ会のように通路をふさいでしまうと、最悪は、出陳しているリングにまにあわない

 

到着できないという事態も起こります。

 

ですので、もし、出陳しているハンドラーが通路を急ぐ場合には、申し訳ありませんが

 

道をお譲りいただけましたらありがたいです。

 

ショードッグが出番を待機している場合、原則として

 

「犬のごあいさつ」はしません。

 

同伴されている犬たちのリードは短めにもち、その犬たちの安全も確保してあげてください。

 

 

テリアは、自分たちは、ボーダーテリアからはじまり、ケアーンテリア、ジャックラッセルテリア

 

スコティッシュテリア、ウェストハイランドホワイトテリア、ワイアーフォックステリア、スカイテリアを

 

出陳しています。

 

みなさんに、美しく磨いたテリアたちを見てもらい、テリアって素敵だなあと思ってもらえたら

 

うれしいなと、おもいます。

 

その他、コーギー、ボルゾイ、ゴールデンレトリバー、ミニチュアシュナウザー、グレートデン

 

ジャーマンピンシャー、フレンチブルドッグなど、いくつもの犬種をショーイングします。

 

犬たちを大事に磨いて、美しい状態でリングに送り届けられるよう

 

今週は、めいっぱいがんばって犬たちを磨いてドッグショーに向かいたいと思います。 

 

 

という状況ですので

  

子犬のお問い合わせ、里親さんのお問い合わせ、その他のお問い合わせにつきましては

 

週が明けて、落ち着いた来週半ば以降からまた対応を再開させていただきたく

 

ワガママをいって申し訳ありませんが、今週はジャパンインター展に向けて

 

気持ちをひとつに集中していきたいと思いますので、各種電話お問い合わせにつきましては

 

来週にお願いいたします。

 

なお、E-mailでのお問い合わせにつきましては来週にはご返信させていただきます。

 

 

なお、リングでの応援はとてもありがたいです。

 
みなさんにお会いできるのを楽しみにしています!
 
 
それでは!また!
 
 

iPhoneImage.png

 

 

 

 

<パピーのお問い合わせ/トリミング/ハンドリング/その他お問い合わせ> 
 

clumberup@gmail.com

053-545-0537 
 
子犬をお譲りする際には、お手入れ、育て方など、犬種やその子その子にあった

接し方など、きちんとアドバイスさせていただきます。

犬の幸せを飼い主さんとともに考えるのは、ブリーダーの役目です。
 
なお、商業としての繁殖を目的とされる業者さんへの譲渡は一切行っていませんのでご了承ください。
 
子犬の空輸は行っていません。飼い主さんにお会いして、直接のお渡しのみとなります。
 
ドッグショーを楽しみたい、ショードッグを迎えたいという方、お問い合わせください。


今日もブログを読んでくださった方は↓大志君のお写真を1クリックお願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ テリアへ
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
ボーダーテリア、まだまだ・・・ 23:12

こんばんは。

 

ボーダーテリアのチェリーのお産の予定日を迎えているので

 

この子たちが生まれるのを、待ちわびてくださっている方々に

 

状況のお知らせを・・・。

 

予定日を迎えていますが、本犬まだまだ猛烈な食欲でものすごく元気

 

今日まではまだ生まれてません〜。

 

毎日よく運動し、歩き、食べ、健康な妊婦さんしていますが

 

ほんとは今日、明日くらいには産んでほしいケド、こればっかりは待つしかないので

 

状況を見守りたいと思います、みなさんも、お祈りしていてください。

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

こんかいも、かわいいカワウソたち

 

生まれますように・・・。

 

 

 

●ジャックラッセルテリアについて

 

☆Zen君の娘、女の子生後3か月のワクチンが完了しましたので

 

オーナーさん募集したいと思います、ブロークンコートの美人さんです。

 

興味のある方、お問い合わせください。

 

 

☆Taishi君とBIKKE(Sweden、イタリアの血統)の子、男の子オーナーさん募集しています。

 

生後3か月のワクチンが済みました、ラフコートで美犬さんです。

 

 

ジャックラッセルテリアをご希望の方、お問い合わせください。

 

海外からの予約や問い合わせが、今年にはいってまたすごく増えてはいるのですが

 

まだ、どの子を残してどの子を海外で待っている方にお譲りして

 

どの子を家庭犬として日本の方にお譲りするか、決めかねている子が何頭かいて

 

犬質はすごく高くて、ショーでも充分に、、、と思うのですが性格的にやさしくて甘えん坊が多いので

 

国内で家庭犬で迎えてくださる方に譲りたいなあというふうに思っています。

 

本年CruftsでBest Dogを獲得したダルビッシュは、大志君の息子です。

 

大志君の子どもたちは、ハンサムで甘えん坊の性格に特徴があるように思います。

 

iPhoneImage.png

 

Zen君の子は、スウェーデン、デンマークなどの、マニアならもう鳥肌ものの血統が

 

すべて詰まっているので、北欧系の訓練性能の高い、頭の良い、そしてとても性質のポジティブな

 

ジャックラッセルテリアに育ってくれるんじゃないかなと思っています。

 

 

●ワイアーフォックステリア

 

若犬、生後1歳半の男の子のオーナーさんを募集しています。

 

ナチュラルテール(断尾していない)です。ハンサムな男の子です。

 

興味のある方、お問い合わせください。

 

 

 

4月1,2日のジャパンインターナショナルドッグショーまでは気持ちも時間的にも

 

バタバタとせわしなくしておりますが、土日のドッグショー以外ほとんどケネルにいますので

 

お電話、メールにて、お問い合わせください。

 

 

 

iPhoneImage.png

 

 

 

 

<パピーのお問い合わせ/トリミング/ハンドリング/その他お問い合わせ> 
 

clumberup@gmail.com

053-545-0537 
 
子犬をお譲りする際には、お手入れ、育て方など、犬種やその子その子にあった

接し方など、きちんとアドバイスさせていただきます。

犬の幸せを飼い主さんとともに考えるのは、ブリーダーの役目です。
 
なお、商業としての繁殖を目的とされる業者さんへの譲渡は一切行っていませんのでご了承ください。
 
子犬の空輸は行っていません。飼い主さんにお会いして、直接のお渡しのみとなります。
 
ドッグショーを楽しみたい、ショードッグを迎えたいという方、お問い合わせください。


今日もブログを読んでくださった方は↓大志君のお写真を1クリックお願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ テリアへ

 

 

| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
<< | 2/404 | >>