Clumber Up NewsDOGSHOW RESULTS.Puppy News and informations!
from CLUMBER UP KENNEL.
クランバーアップケネルからドッグショーリポートをはじめさまざまな情報をお届けします。
ドッグショーの結果もいちはやくリポート!おたのしみに。
当サイトの写真および文章の無断転載はおやめください。
(C)Copyright CLUMBER UP KENNEL All rights reserved.

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
犬たちと暮らし、働く。 11:18

こんにちは。

 

暑いですねえ。

 

ほんとに暑い。

 

今日はさすがに暑くて、日陰のある場所以外は、犬たちはいったん室内に。

 

でも、パピーたちは外で水遊びしたり、プール遊びしたり、木陰で昼寝したり

 

基本、タフで、暑さに強いです。

 

大事大事に育てると、弱い子になってしまうので、外の気温と犬たちの様子を見ながら

 

水まきしたり、ホースで水遊びさせたり、扇風機で風まわしたり、テントでシェードつくったりして

 

なるべく、強い子、タフな子、丈夫な子育てを、心がけています。

 

昼間たくさん遊んだ方が、夜よく寝るし、良く寝たらよく育つ。

 

お日様あびたほうが骨はつよくなるし、色素もしっかりとしてくるから。

 

とはいえ、ほんとに暑いときだけはちゃんとしまいます。

 

こういう、「暑い」「暑すぎる」「やばい」「まだ大丈夫」というのは

 

塩梅というか、皮膚感覚のもので、教えてできることでもないし

 

自分が外にいって、犬たちと同じ環境に立って、大丈夫か、暑すぎてムリっておもうか

 

生きものの立場になって考えられるかどうかです。

 

犬育てをマニュアルにしちゃって、朝10時になったらしまいましょう、エアコン27度にしましょう

 

17時になったら出しましょう、みたいにすれば人は働きやすいかもしれないけれど

 

生きものなんだから、生きてるんだから、1日1日、様子が違う。

 

お天気だって毎日、違う。

 

同じ気温だって、湿度によって、風が吹いてるかどうか、お日様の角度によって

 

体感温度も違う。

 

だから、マニュアルにして、こうしなさいよとはできない部分がたくさんある。

 

ごはんだって、離乳食だって、ミルクだって、いわんや、犬たちへの声掛け、声のトーンだって

 

その場その場の、ケースバイケースで変えなくちゃいけない。

 

働いてる方は大変

 

でも

 

ケースバイケースで、いろんな状況に対応して、いろんな体調に対応して

 

いつだってフル稼働で働いてきてくれた人たちがいます。

 

それは、自分たちのお母さんたちです。

 

お母さんは、どんな状況だって、子どもが元気なこと、子どもがしあわせなこと、子どもが笑顔なこと

 

これだけを鉄板のルールに、子育てをします。

 

マニュアルなんてないし、理不尽もあるし、も〜う、なんでこうなるのっ!って

 

頭抱えたくなるような、地団太踏みたくなるような大変なことも 

 

たくさんあると思うけれど、おおきな愛情で、子どもたちを育ててくれている。

 

犬育ても、人のお母さんみたいにならないと、ダメだと思っています。

 

1頭1頭の個性をちゃんとわかって、愛情をもって接することや

 

けして投げ出さないこと、育児を放棄しないこと、犬たちに向き合うこと

 

毎日かわるさまざまなシチュエーションに対応して、それでも犬たちをいとおしいと思えること。

 
だから、いまのスタッフ募集は大変です。
 
専門学校を卒業してきました云々

 

ライセンス●●持ってます云々

 

将来独立開業したいです云々

 

みなさんいろいろ、面接時には言うのだけれども

 

自分たちが いちばん求めているのは

 

●犬に愛情をもって接することができるひと

 

●目配り、気配りできるひと

 

●正直な人

 

●嘘つかない人

 

●体力のある人

 

 

もう、これだけです。

 

でも、これがものすごく難しいんだけれども・・・。

 

 

年齢も、性別も、学歴も、資格も、ジェンダーも、職歴も、結婚歴も、離婚歴も

 

まったく、問いません。

 

犬を大事に思って、親みたいな気持ちで彼らと接し、大事に育ててくれる人は 

 

経験があろうとなかろうと、技術もスキルも自然と身についていきます。

 

大事なのは、生き物たちを思う気持ちです。

 

 

また、当方、ペット繁殖屋さんでも増殖屋さんでもなく、パピーミルでもありませんので

 

こちらで生まれた子犬がすくすくと育ち、ショードッグとなり、いずれ世界の舞台で

 

活躍するそのときまで、長い目で犬たちの成長を見守ることができます。

 

自分たちの働く日々が、そうして花が開くのだという夢を、みんなでみることができます。

 

今日だって。

 

iPhoneImage.png 

 

静岡で行われた全犬種展で、我が家のラニちゃんが

 

クィーン。

 

全犬種の牝の1番になりました。

 

これって、すごいことなんです。

 

うちに勤務してしばらく時間が経つと、こういうことに、すごい!と思う感動や、感激が

 

薄れてしまうこともあるかもしれない

 

だけど、こうしてドッグショーで評価されるということこそ、自分たちの日々のハードワークが

 

むくわれていることだし

 

よく頑張ったねと褒めてもらっていることだと

 

おもいます。

 

明るく、ほがらかで、溌剌とした、健康な犬たちこそ、自分たちのハードワークのたまものです。

 

いい子を譲ってもらってありがとうと言ってくれるオーナーさんたちの声。

 

世界中から評価してもらっているというドッグショーのリボンやトロフィーの数々。

 

これらを気持ちの勲章として、毎日犬たちと接していたら、とてもやりがいのある日々です。

   

   

いま、ケネルではスタッフを募集しています。

  

 

 

世界のトップでいたいと思っていますから、仕事は細かく丁寧にとは思っていますが

 

犬たちにも、スタッフにも、愛情を持って接したいと思っています。

 

経験、技術は問いません。

 

犬が好き、ショードッグが好き、きれいな犬が好きという人にとっては

 

とても楽しめる環境だと思います。

 

住込みでお仕事できる方、ご連絡ください。

 

 

iPhoneImage.png

 

 

<パピーのお問い合わせ/トリミング/ハンドリング/その他お問い合わせ> 
 

clumberup@gmail.com

053-545-0537 
 
子犬をお譲りする際には、お手入れ、育て方など、犬種やその子その子にあった

接し方など、きちんとアドバイスさせていただきます。

犬の幸せを飼い主さんとともに考えるのは、ブリーダーの役目です。
 
なお、商業としての繁殖を目的とされる業者さんへの譲渡は一切行っていませんのでご了承ください。
 
子犬の空輸は行っていません。飼い主さんにお会いして、直接のお渡しのみとなります。
 
ドッグショーを楽しみたい、ショードッグを迎えたいという方、お問い合わせください。


今日もブログを読んでくださった方は↓大志君のお写真を1クリックお願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ テリアへ
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
Clumber up kennel出身ワンコ大集合!ファミリー会のお知らせ。 20:56

こんばんは。

 

とりいそぎ!

 

みなさんのご予定の調整などあると思いますので

 

ファミリー会のお知らせだけ、先にしておきます。

 

 

●日程は2017/10/21(土)〜10/22(日)

 

 

メインは日曜日がドッグラン全面貸切でのファミリー会となりますが

 

前泊して、みんなでバーベキューして、わいわい楽しみたい方は

 

土曜日から集まって、ファミリーバーベキューなどしたいと思います。

 

 

●場所:朝霧フィールドドッグガーデン

  

 http://www.fieldbell.com/top.html

 

 

こちらは貸切のロッジ、コテージもあります。

 

キャンプを希望の方はキャンプも可能です。

 

*ロッジ、コテージについては、各自でご予約ください。

 

なお、フィールドドッグガーデン以外でもこの周辺は宿泊施設が比較的多数

 

ありますので、前泊してバーベキューやファミリー宴会など参加希望の方は

 

前日からの宿泊がおすすめです。

 

 

●参加費用や詳細については後日お知らせいたします。

 

 

こちらのフェイスブックページでもお知らせ更新していきますので

 

併せてご覧ください!

 

 

 

https://www.facebook.com/events/1808045756190892/?acontext=%7B%22ref%22%3A%223%22%2C%22ref_newsfeed_story_type%22%3A%22regular%22%2C%22feed_story_type%22%3A%22117%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D

 

●朝霧フィールドドッグガーデンの利用規約などはもちろんありますが

 

各自、ご自分の犬をケアしてください。

 

10月末ですので、わりと肌寒い時期です、暖かい服装がベターです。

 

 

●ワイアーフォックステリア、ジャックラッセルテリア、ボーダーテリアの

3犬種合同でのファミリー会にしたいと思います。

ミニドッグマッチショーなどのイベントは、おいおい考えたいと思います。

 

 

みなさん、兄妹犬やファミリー犬に会えるよい機会になってほしいなと思います!

 

ぜひ、ご参加ください。

 

例年、山中湖Woofで行っていましたが、今年はWoofのほうが団体予約がいっぱい!

 

ということで、朝霧フィールドドッグガーデンに変更しましたがこちらも

 

とても広く良いドッグラン施設です。

 

みんなで楽しいファミリー会にしたいなと思います!

 

 

ぜひ、ご参加ください。

 

取り急ぎ、予定表にチェック入れといてください!!

 

 

| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
愛すべきオッターフェイス。 18:24

ようやく、この2か月くらいの間での海外3回行ってバタバタしていた日々から

 

日常に戻りつつあり、少しづつ身の回りのことや犬たちのこと

 

スタッフとのミーティングなど、日々の暮らしに戻りつつあります。

 

パピーの見学の方も、留守の間お待ちいただいてようやく再開しましたので

 

昨日も今日もお越しいただきまして、ありがとうございます。

 

犬たちはプール遊びし、泥んこ遊びし、のびのび、すこやかに育っている子たちです。

 

ペットショップの狭いガラスケースのなかで、生後50日くらいからずっと育っている環境とは

 

大きく異なります。

 

筋肉の発育も、骨の発育も、心の発育も、まるで違います。

 

今週末は富士川のドッグショーに行くため留守にしますが、その翌週は在舎していますので

 

3連休でも、会いに来ていただければと思います。

 

 

さて。

 

若い、自分が残しているボーダーテリアたちも発育のチェックをしました。

 

iPhoneImage.png

 

タタン。

 

チェリーとアンガスの娘です。

 

パピーのときは、スカルが狭くてちょっと頭部が小さいかな?と思っていたのですが

 

良く食べ、よく運動し、ヒートを過ぎて、ぐぐっと頭部に張りが出て来て

 

見事なかわうそ顔になってきました。

 

iPhoneImage.png

 

牝にしては、やや牡っぽいくらいにしっかりと張ったスカルと下顎が

 

とても好ましいオッターフェイスをつくっています。

 

iPhoneImage.png

 

こちらは妹のクルトンですが、タタンに比べると牝っぽいお顔で

 

お母さんのチェリーに似たお顔です。

 

iPhoneImage.png

 

 

クルトンとタタン

 

お顔の違い、わかりますか???

 

ちなみに、この時期のボーダーテリアはコートは短めに抜いて、タイトに維持したほうが

 

暑さにも良いと思います。

 

iPhoneImage.png 

 

こちらは、ブリタニー。

 

マカロンとジャックの娘です。

 

まだまだ、赤ちゃんカワウソの顔してますね。

 

iPhoneImage.png

 

しかしこれが、とんでもない不良娘で、、、。

 

 

ボーダーテリアは、穏やかで、平和で、落ち着いたパートナードッグになるまでに

 

2歳くらいまでは、ハチャメチャ期がある子が多いかなと思います。

 

とにかく、ハチャメチャ、ハチャハチャで、興奮すると人の声が届きにくい

 

みたいな子がいます。

 

ラブラドールのパピーの時期を想像してもらうと、分かりやすいかなと思います。

 

ほんとにタフで、強くて、めげないで、どうなるんだろう?と戦々恐々とする日々があるかも

 

ですが、ほんとに2、3歳を過ぎて来ると、ぱたっと落ち着いてしまいます。

 

 

おおらかに、ほがらかに、ま、いっかの精神で、しかし犬より上位に立ち

 

つよく、たくましい、ボーダー育てを楽しんでほしいなとおもいます。

 

知力、体力を消費するのに、訓練やアジリティもおすすめです。

 

オーナーハンドラーでのドッグショーもおすすめです。

 

人と一緒にする作業が好きな犬種なので、情緒も安定するでしょうしおすすめです。

 

 

食餌については

 

なるべく

 

できるだけ

  

 

 

「グルテンフリー」

 

 

 

 

の食事を心がけてほしいと思います。

 

うちでも、今年に入って一斉にグルテンフリーに切り替え

 

犬たちのメンタル面、健康面でも、良い成果が出ています。

 

ドライフードをグルテンフリーを心がけるほか、小麦粉由来のビスケットやクッキーも避け

  

可能な方は、お肉を中心とした手作り食でグルテンを避ける方法もあると思います。

 

おやつは、ニンジン、リンゴ、茹でたカボチャ、なども良いと思います。

 

肉類はなんでも大丈夫です。

 

どのような犬種も同じですが

 

「語りかけ」

 

「声かけ」

 

「制止をかけること」

 

これらを心がけて、最良のパートナードッグに育てていってほしいなとおもいます。

 

 

iPhoneImage.png

 

14年ものの熟成したオッターフェイス↓  

 

iPhoneImage.png

 

 

<パピーのお問い合わせ/トリミング/ハンドリング/その他お問い合わせ> 
 

clumberup@gmail.com

053-545-0537 
 
子犬をお譲りする際には、お手入れ、育て方など、犬種やその子その子にあった

接し方など、きちんとアドバイスさせていただきます。

犬の幸せを飼い主さんとともに考えるのは、ブリーダーの役目です。
 
なお、商業としての繁殖を目的とされる業者さんへの譲渡は一切行っていませんのでご了承ください。
 
子犬の空輸は行っていません。飼い主さんにお会いして、直接のお渡しのみとなります。
 
ドッグショーを楽しみたい、ショードッグを迎えたいという方、お問い合わせください。


今日もブログを読んでくださった方は↓大志君のお写真を1クリックお願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ テリアへ

 

| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
イタリアから帰国からのフロリダからの佐賀。 13:14

 

こんにちは。

 

の次には、「暑いですねえ」というのがお約束みたいな季節になってきました。

 

週末のドッグショーも、ほんとうに暑かった!!

 

iPhoneImage.png

 

氷水につけてギュッと絞って使う、クールダウンベストが大活躍でした。

 

これないと、暑くて大変!!

  

よーく冷えて、見た目かわいくて、お気に入りです。

 

 

えっと。

 

昨日、佐賀のドッグショーから帰ってきたのですが

 

その前に、現地1日半という弾丸ツアーでフロリダに行っておりまして

 

フロリダからの、サンフランシスコ乗継、成田到着、羽田に移動

 

ソラシドエアに乗ってそのまま長崎に、夜到着。

 

翌日土日のドッグショーを佐賀の有田で参加して

 

月曜日、よーうやく浜松に戻ってきましたと言う次第です。

 

ほんとうに忙しかった5月6月。

 

カリフォルニア、イタリア、フロリダと3回海外行きました。

 

もう、脳の時差ぼけも胃の時差ぼけもわけのわからないことになっていて

 

真夜中に猛烈に空腹になったり、完全におかしなリズムになっております。

 

ともあれ、無事に帰って来て、3つの大事なミッションを完了できて安心しています。

 

 

iPhoneImage.png

 

佐賀のドッグショーはとても暑かったのですが

 

iPhoneImage.png

 

カイ君の息子、ポンちゃんのドッグショーデビューでした。

 

そっくり〜!!!

 

 

家庭犬としてお譲りしましたポンちゃんですが、あまりにお父さんにそっくりで

 

もしかしたらショードッグの可能性があるかも??と、トライアルで挑戦してみました。

 

オーナーさんもとても上手に育てていらっしゃって、天真爛漫、褒められるの大好き

 

まるで、初めてのドッグショー体験とは思えない、堂々としたデビューとなりました。

 

 

。。。

 

そして。

 

iPhoneImage.png

 

 

なんと!

 

デビュー戦でいきなりの、パピーベストインショー!!!

 

ぜんぶの犬種のパピーの、牡牝全部あわせての1番ということです。

 

この日は日本全国でここしかドッグショーがなかったため、パピークラスも激戦でした。

 

iPhoneImage.png

 

初めてに見えない、ショードッグっぷりを見せたポンちゃんでした。

 

 

ドッグショーというのは、特別な犬がする、特別なことではなくて

 

純血犬種として、きちんと犬種標準(スタンダード)にのっとって計画繁殖をされた

 

健全、健康な犬ならだれもがチャレンジできるものです。

 

 

本来は、誰もがドッグショーに出られ、評価を得られる資質の犬を繁殖することが

 

あたりまえであり、理想だろうと思います。

 

そして、よきショードッグはイコール=よき家庭犬となることと思います。

 

朗らかで人見知りしない性質、初めてのことにも動じない資質、シャイでないこと

 

攻撃性がないこと、審査員に触られたり台の上でチェックされても大丈夫なこと

 

これらは、家庭犬にとってもとても大事なエッセンスです。

 

iPhoneImage.png

 

また、長旅をしながらドッグショーに参加するプロセスでは、ハウスに入って移動すること

 

チームの犬たちと団体行動をすること、仲間と共調すること、ハウスで寝起きすること

 

iPhoneImage.png

 

トリミングテーブルの上で、おとなしくお手入れを受けること

 

ハンドラーの横について、まっすぐに歩くこと、引っ張らないこと

 

ハンドラーとアイコンタクトをすることなど

 

家庭犬として必要なトレーニングと、ショードッグに必要なトレーニングというのは

 

ほぼ、同じことだとおもいます。

 

だから、ショードッグとして若い年齢の時期を過ごした子は、家庭犬としても育てやすく

 

驚くほど、扱いやすい子に育つと思います。

 

若い時期の寄宿舎生活のような意味合いでも、ドッグショーチャレンジというのは

 

若い犬たちには、よい結果をもたらすのだろうなと思っています。

 

iPhoneImage.png

 

お父さんとのツーショット。

 

土曜日はポンちゃんがパピーベストインショー!

 

日曜日は、ポンちゃんがパピーリザーブキング、父カイ君がチャンピオンシップリザーブキングでした。

 

父子そろっての入賞です。

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

ポンちゃんは、Thinkerと同胎の兄弟です。

 

なんともハンサムな2頭の兄弟で、ブリーダーとしても感激のひとことです。

 

 

iPhoneImage.png

 

佐賀は暑く、犬たちも疲れて帰りの車は爆睡でした。

 

iPhoneImage.png

 

 

家に帰ったら、犬たちがみんなで熱烈歓迎してくれました。

 

やっと家に帰れたー!!という感じでした。

 

スーツケースいっぱい買ってきたおみやげ、おやつ、おもちゃを

 

順番に、みんなに配って、昨夜は夜中までもう、大騒ぎでした。

 

まるで人間の子どもと同じです。

 

iPhoneImage.png

 

 

ようやく、ちょっと落ち着いた日常に戻れそうです。

 

パピーの見学、お問い合わせ、ご相談など、お問い合わせください。

 

ショーチャレンジをご希望される方も、お問い合わせください。

 

 

 

<パピーのお問い合わせ/トリミング/ハンドリング/その他お問い合わせ> 
 

clumberup@gmail.com

053-545-0537 
 
子犬をお譲りする際には、お手入れ、育て方など、犬種やその子その子にあった

接し方など、きちんとアドバイスさせていただきます。

犬の幸せを飼い主さんとともに考えるのは、ブリーダーの役目です。
 
なお、商業としての繁殖を目的とされる業者さんへの譲渡は一切行っていませんのでご了承ください。
 
子犬の空輸は行っていません。飼い主さんにお会いして、直接のお渡しのみとなります。
 
ドッグショーを楽しみたい、ショードッグを迎えたいという方、お問い合わせください。


今日もブログを読んでくださった方は↓大志君のお写真を1クリックお願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ テリアへ
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
Great Western terrier association 17:42


カリフォルニアのテリアショー

グレートウェスタンテリアアソシエーションに

毎年、行っていましたが今回はイタリアと重なり

バタバタなのでお休みにしましたが

いまアメリカにいる愛息子

Thinkerが



Best of winners

puppy Terrier Group 3rd

Tysonは



セレクトドッグでした。

Best of breedはPadreで、うちの子の息子です。




うれしい週末

イギリスで、アメリカで

我が子たちが頑張ってくれています!
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
<< | 2/407 | >>