Clumber Up NewsDOGSHOW RESULTS.Puppy News and informations!
from CLUMBER UP KENNEL.
クランバーアップケネルからドッグショーリポートをはじめさまざまな情報をお届けします。
ドッグショーの結果もいちはやくリポート!おたのしみに。
当サイトの写真および文章の無断転載はおやめください。
(C)Copyright CLUMBER UP KENNEL All rights reserved.

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ワールドドッグショー。 15:00



ドイツで行われたワールドドッグショーから帰国いたしました。


31000頭のエントリー、ジャックラッセルテリアはおよそ300頭のエントリー。


テリアグループ全体で3000頭!近いエントリーだったので

 

ジャックラッセルテリアのエントリーは全体の1割を占めました。

 
これはペリアグループで最大のエントリーでした。 世界中のブリーダーが集うワールドドッグショー。

 
我が家からは5頭エントリー。

Thinkerが、ジュニアでリザーブジュニアワールドウィナー!

 
このクラスだけで47頭もの!エントリーがありました。

マックスは天王山であるチャンピオンクラスで2席を獲得し、そこから、

 
リザーブワールドウィナータイトルを獲得することができました。

激戦のオープンドッグは、フランスで共同繁殖したSammyが2席。

32頭のオープンビッチクラスからは

 
レインボウが3席に入賞しました。


ラニ、カイも最後のカットまで残り、エクセレント評価をもらいました。



エントリーした犬がすべてエクセレント評価、さらにジュニアもチャンピオンも

 
リザーブワールドウィナータイトルの獲得に至りました。



アウェイでの戦い。

慣れないショー進行。

3つのリング。

ドライヤー使用不可、グルーミングアーム使用不可、スプレーなど化学物質使用不可など、厳しいルールのなかで

犬たちを美しく見せるように仕上げることも

1つのリングに40頭近い犬たちがひしめき合う状況など

精神的にも極限まで集中して胃がチリチリするような時間でした。


終わってみれば、素晴らしい結果でした。

たくさん報告したいことあるのですが、帰国直後でまだ燃え尽き症候群になってます。

 

落ち着いたら少しずつお話ししていきたいと思います。

 

今年も1つの大きな山場を越えました。

 

また来年に向けて、誠実に、丁寧に、犬たちを育てていきたいと思います。

 

ワールドドッグショーは、ドッグショーだけではなく、世界中からファミリーたちが集まってくれます。

 
今年も、フランス、ノルウェー、イタリア、ハンガリー、アメリカ、クロアチア

 

さまざまな国から、ファミリーさんたちが集まってくれて、感謝で胸がいっぱいになりました。


この人たちが信じてついてきてくれる限り、良い血統を正しく計画かつ系統繁殖をし

 

健康に育て、未来につなげるブリーダーと言う役割を真摯に全うしようと感じました。









ようやく帰国いたしましたので、パピーのお問い合わせ、見学の問い合わせについてはケネルまで

 

お電話もしくはEメールでお願いいたします。 今週末の見学も受け付けておりますのでぜひお越しください。

 

 

| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://clumberup.jugem.jp/trackback/2196
<< NEW | TOP | OLD>>