Clumber Up NewsDOGSHOW RESULTS.Puppy News and informations!
from CLUMBER UP KENNEL.
クランバーアップケネルからドッグショーリポートをはじめさまざまな情報をお届けします。
ドッグショーの結果もいちはやくリポート!おたのしみに。
当サイトの写真および文章の無断転載はおやめください。
(C)Copyright CLUMBER UP KENNEL All rights reserved.

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
目が開いたかわうそたち。 15:42

寒い!!

 

雨ばかりが続いたかと思ったら

 

寒い。どんどん寒くなる。

 

仔犬たちの産箱に、ヒーターを入れました。

 

怖いのは、暑いことより、寒いことより、寒暖差。

 

この、「差」がこわいんです。

 

急に寒くなったりすると、仔犬たちが風邪をひいたりして

 

風邪から肺炎になったりすると、まだ体力がないとほんとにこわいので

 

あったかくして、「差」がないように、注意して育てます。

 

そうして・・・

 

iPhoneImage.png

 

こんなにしっかりと育ち

 

iPhoneImage.png

 

目も!

 

開きました。

 

目が開いても、犬に見えない。

 

なにか、野生の動物の子どものようです。

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

同じグリズリーでも、1頭として同じ毛色はいない。

 

グリズリーとは、ヒグマの色。

 

いろんな毛色が折り重なって、グリズリーをつくりだす。

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

静かに、すくすくと、育っています。

 

 

先日も、アメリカのテリアナショナルに行き、ボーダーテリアのブリーダーたちと

 

犬種の傾向、Health Issue (懸念すべき疾患等)についてよく話してきましたが

 

やはり、ある血統にはアグレッシブ(攻撃性)が見受けられたり

 

あとは、シェイキングパピーという先天的に震えなどがみえたり

 

ボーダーテリアには特有の問題点もあるようです。

 

また、気質における過度の興奮、攻撃性などについても繁殖の段階から注意が必要とのこと。

 

そういった点をよくよく留意して繁殖するべき犬種であるということ。

 

だから、ボーダーテリアは、ブリーダーをよく調べ

 

この犬種を正しく理解して育てているブリーダーから迎えるべき犬種である

 

というふうに、言われました。

 

 

ボーダーテリアは、賢く、驚くほど知能が高く、従順で、忠実で、まるで小型テリアとは思えない

 

おおらかさと、鷹揚さと、タフさをもつ最高のパートナードッグ。

 

これはもう、間違いのない事実だと思うんです。

 

最高の犬種だっておもっています。

 

でも、育てる側の人間もまた、正しい意識を持ってブリーダーを選び、子犬を選び

 

仔犬を迎えてからの育て方、犬との適切な距離感、犬に対して頼れるボスになれているか

 

犬の賢さ、犬の知性、独立心、自立心に敬意を払い、向き合えているか

 

そういったことが問われる、IQの高い犬種でもあります。

 

なにも、難しいことではないんです。

  

犬を猫っかわいがりせず、犬という生き物として認め、向き合うというだけなのです。

 

そうすれば、最高のパートナードッグになってくれることと思います。

 

この、理性と知性と体力と持久力を兼ね備えた小さなテリアが、自分たちは大好きです。

 

あんまり流行ってほしいともおもわないし、人気犬種になってほしいとも思っていません。

 

良い繁殖を継続し、良い気質を備えた犬たちを育て

 

この犬種を楽しんでくれる人たちの輪が、実直につながっていってくれたらなと

 

そんなふうに思っています。

 

ボーダーテリアは、ボーダーテリアを知らない繁殖者からは迎えないでください。

 

奥が深く、勉強の必要な犬種です。

 

遺伝疾患の問題、気質(攻撃性)などの問題、ボーダーテリア特有の食事の内容など

  

よく理解し、血統を正しく理解した繁殖者だけを、ブリーダーと呼んでほしいなと思います。

  

 

当ケネルは、日本、アジアで唯一、アメリカのMeadowlake kennelの血統を所有し

 

ブリーディングしているケネルです。

 

Meadowlakeは全米でも世界でも間違いなくトップクラスのボーダーテリアのブリーダーで

 

ここのブリーダーのKaren Fitzpatricはブリーダーとして、とても賢く尊敬できる人です。

 

見た目が美しいだけでなく、気質が良く、性質の安定したボーダーテリアを

 

ブリーディングしています。

 

当ケネルのJackは、こちらのケネルからやって来ました。

 

  

アメリカ、オーストラリア、イギリス、ヨーロッパのブリーダーたちと

 

情報を共有しながら、質の高いボーダーテリアのブリーディングを行っています。

 

   

 

 

この犬種を迎え、犬と暮らす楽しみを深めてゆきたい人たちと

 

この楽しみを共有したいと、思っています。

 

すぐにお譲りできる場合、お待たせする場合とあるかと思いますが

 

お問い合わせください。

 

 

※犬たちのお世話で外で水撒きしてたりでケネルの電話に出られないことがあります。

 

朝は10時くらいまでケネルのお掃除や犬たちのお世話しています。

 

朝10時くらい〜夕方16時くらいまでは、電話がつながりやすいです。

 

お問い合わせの際、申し訳ありませんがよろしくお願いします。

 

 

 

 

<パピーのお問い合わせ/トリミング/ハンドリング/その他お問い合わせ> 
 

clumberup@gmail.com

 

053-545-0537 

 

 

子犬をお譲りする際には、お手入れ、育て方など、犬種やその子その子にあった

接し方など、きちんとアドバイスさせていただきます。

犬の幸せを飼い主さんとともに考えるのは、ブリーダーの役目です。

 

なお、商業としての繁殖を目的とされる業者さんへの譲渡は一切行っていませんのでご了承ください。

 

子犬の空輸は行っていません。飼い主さんにお会いして、直接のお渡しのみとなります。

 

ドッグショーを楽しみたい、ショードッグを迎えたいという方、お問い合わせください。


今日もブログを読んでくださった方は↓大志君のお写真を1クリックお願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ テリアへ

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://clumberup.jugem.jp/trackback/2186
<< NEW | TOP | OLD>>