Clumber Up NewsDOGSHOW RESULTS.Puppy News and informations!
from CLUMBER UP KENNEL.
クランバーアップケネルからドッグショーリポートをはじめさまざまな情報をお届けします。
ドッグショーの結果もいちはやくリポート!おたのしみに。
当サイトの写真および文章の無断転載はおやめください。
(C)Copyright CLUMBER UP KENNEL All rights reserved.

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
犬たちと暮らし、働く。 11:18

こんにちは。

 

暑いですねえ。

 

ほんとに暑い。

 

今日はさすがに暑くて、日陰のある場所以外は、犬たちはいったん室内に。

 

でも、パピーたちは外で水遊びしたり、プール遊びしたり、木陰で昼寝したり

 

基本、タフで、暑さに強いです。

 

大事大事に育てると、弱い子になってしまうので、外の気温と犬たちの様子を見ながら

 

水まきしたり、ホースで水遊びさせたり、扇風機で風まわしたり、テントでシェードつくったりして

 

なるべく、強い子、タフな子、丈夫な子育てを、心がけています。

 

昼間たくさん遊んだ方が、夜よく寝るし、良く寝たらよく育つ。

 

お日様あびたほうが骨はつよくなるし、色素もしっかりとしてくるから。

 

とはいえ、ほんとに暑いときだけはちゃんとしまいます。

 

こういう、「暑い」「暑すぎる」「やばい」「まだ大丈夫」というのは

 

塩梅というか、皮膚感覚のもので、教えてできることでもないし

 

自分が外にいって、犬たちと同じ環境に立って、大丈夫か、暑すぎてムリっておもうか

 

生きものの立場になって考えられるかどうかです。

 

犬育てをマニュアルにしちゃって、朝10時になったらしまいましょう、エアコン27度にしましょう

 

17時になったら出しましょう、みたいにすれば人は働きやすいかもしれないけれど

 

生きものなんだから、生きてるんだから、1日1日、様子が違う。

 

お天気だって毎日、違う。

 

同じ気温だって、湿度によって、風が吹いてるかどうか、お日様の角度によって

 

体感温度も違う。

 

だから、マニュアルにして、こうしなさいよとはできない部分がたくさんある。

 

ごはんだって、離乳食だって、ミルクだって、いわんや、犬たちへの声掛け、声のトーンだって

 

その場その場の、ケースバイケースで変えなくちゃいけない。

 

働いてる方は大変

 

でも

 

ケースバイケースで、いろんな状況に対応して、いろんな体調に対応して

 

いつだってフル稼働で働いてきてくれた人たちがいます。

 

それは、自分たちのお母さんたちです。

 

お母さんは、どんな状況だって、子どもが元気なこと、子どもがしあわせなこと、子どもが笑顔なこと

 

これだけを鉄板のルールに、子育てをします。

 

マニュアルなんてないし、理不尽もあるし、も〜う、なんでこうなるのっ!って

 

頭抱えたくなるような、地団太踏みたくなるような大変なことも 

 

たくさんあると思うけれど、おおきな愛情で、子どもたちを育ててくれている。

 

犬育ても、人のお母さんみたいにならないと、ダメだと思っています。

 

1頭1頭の個性をちゃんとわかって、愛情をもって接することや

 

けして投げ出さないこと、育児を放棄しないこと、犬たちに向き合うこと

 

毎日かわるさまざまなシチュエーションに対応して、それでも犬たちをいとおしいと思えること。

 
だから、いまのスタッフ募集は大変です。
 
専門学校を卒業してきました云々

 

ライセンス●●持ってます云々

 

将来独立開業したいです云々

 

みなさんいろいろ、面接時には言うのだけれども

 

自分たちが いちばん求めているのは

 

●犬に愛情をもって接することができるひと

 

●目配り、気配りできるひと

 

●正直な人

 

●嘘つかない人

 

●体力のある人

 

 

もう、これだけです。

 

でも、これがものすごく難しいんだけれども・・・。

 

 

年齢も、性別も、学歴も、資格も、ジェンダーも、職歴も、結婚歴も、離婚歴も

 

まったく、問いません。

 

犬を大事に思って、親みたいな気持ちで彼らと接し、大事に育ててくれる人は 

 

経験があろうとなかろうと、技術もスキルも自然と身についていきます。

 

大事なのは、生き物たちを思う気持ちです。

 

 

また、当方、ペット繁殖屋さんでも増殖屋さんでもなく、パピーミルでもありませんので

 

こちらで生まれた子犬がすくすくと育ち、ショードッグとなり、いずれ世界の舞台で

 

活躍するそのときまで、長い目で犬たちの成長を見守ることができます。

 

自分たちの働く日々が、そうして花が開くのだという夢を、みんなでみることができます。

 

今日だって。

 

iPhoneImage.png 

 

静岡で行われた全犬種展で、我が家のラニちゃんが

 

クィーン。

 

全犬種の牝の1番になりました。

 

これって、すごいことなんです。

 

うちに勤務してしばらく時間が経つと、こういうことに、すごい!と思う感動や、感激が

 

薄れてしまうこともあるかもしれない

 

だけど、こうしてドッグショーで評価されるということこそ、自分たちの日々のハードワークが

 

むくわれていることだし

 

よく頑張ったねと褒めてもらっていることだと

 

おもいます。

 

明るく、ほがらかで、溌剌とした、健康な犬たちこそ、自分たちのハードワークのたまものです。

 

いい子を譲ってもらってありがとうと言ってくれるオーナーさんたちの声。

 

世界中から評価してもらっているというドッグショーのリボンやトロフィーの数々。

 

これらを気持ちの勲章として、毎日犬たちと接していたら、とてもやりがいのある日々です。

   

   

いま、ケネルではスタッフを募集しています。

  

 

 

世界のトップでいたいと思っていますから、仕事は細かく丁寧にとは思っていますが

 

犬たちにも、スタッフにも、愛情を持って接したいと思っています。

 

経験、技術は問いません。

 

犬が好き、ショードッグが好き、きれいな犬が好きという人にとっては

 

とても楽しめる環境だと思います。

 

住込みでお仕事できる方、ご連絡ください。

 

 

iPhoneImage.png

 

 

<パピーのお問い合わせ/トリミング/ハンドリング/その他お問い合わせ> 
 

clumberup@gmail.com

053-545-0537 
 
子犬をお譲りする際には、お手入れ、育て方など、犬種やその子その子にあった

接し方など、きちんとアドバイスさせていただきます。

犬の幸せを飼い主さんとともに考えるのは、ブリーダーの役目です。
 
なお、商業としての繁殖を目的とされる業者さんへの譲渡は一切行っていませんのでご了承ください。
 
子犬の空輸は行っていません。飼い主さんにお会いして、直接のお渡しのみとなります。
 
ドッグショーを楽しみたい、ショードッグを迎えたいという方、お問い合わせください。


今日もブログを読んでくださった方は↓大志君のお写真を1クリックお願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ テリアへ
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://clumberup.jugem.jp/trackback/2162
<< NEW | TOP | OLD>>