Clumber Up NewsDOGSHOW RESULTS.Puppy News and informations!
from CLUMBER UP KENNEL.
クランバーアップケネルからドッグショーリポートをはじめさまざまな情報をお届けします。
ドッグショーの結果もいちはやくリポート!おたのしみに。
当サイトの写真および文章の無断転載はおやめください。
(C)Copyright CLUMBER UP KENNEL All rights reserved.

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
いつの間にかアメリカに行って帰って来てまた・・・ 22:07

 

さっきから4回くらい書いては、なぜかフリーズして消え

 

もう、頭がフラフラですが〜

 

お写真だけでも・・

 

iPhoneImage.png

 

アメリカに行って、サンディエゴ在住のFinnと、Rancho Cuccamonga在住のTysonが

 

ドッグショーに会いに来てくれました。

 

久々の再会に、うれしくてウルウルでした。

 

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

こんなふうで、カリフォルニアに住むファミリーたちも

 

みんな元気に楽しく暮らしていました。

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

アメリカ行く前の、プチファミリーピクニックは

 

クランバーアップケネルにできた、山のドッグランで行いました。

 

見ての通り、みんなそっくりさんのかわいいお顔で

 

やっぱり、うちの子たちはかわいいよねえ〜と

 

飼い主さんたち、目尻さがりっぱなしの1日でした。

 

ブリーダー冥利につきる、とてもしあわせな1日でもありました。

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

蚊を避けるバンダナも、みんなお揃いでつくっていただきました。

 

iPhoneImage.png

 

アメリカに行っている間も、ボーダーテリアたちは

  

ひたすら食べ続け、モクモクと大きくなっています。

 

英国ボーダーテリアのクラブ、メルボルンの提携ブリーダー

 

ボーダーテリアクラブの発表などをもとに、今回のボーダーテリアたちから

 

食餌を一切、変えました。

 

そして、その大切さもいま実感しています。

 

これについては、今後、ボーダーテリアクラブオブジャパンをきちんとつくり

 

ボーダーテリアの食事と発育、ボーダーテリアの食事と気質などについて

 

いま、海外のブリーダーたちがどのような取り組みをしているのかも含めて

 

きちんと情報発信をしていきたいと思いますが

 

パピーをお迎えになる方には、個別にきちんとご説明させていただきたいと思います。

 

くれぐれも、安価な質の悪いフードをあげることは、健全な発育のさまたげになりますので

 

やめていただきたく、お願いいたします。

 

現在はBARF(生食)を基本にしてタンパク質、野菜など、バランスよく食べさせています。

 

タンパク質は、馬肉、鶏肉、ラム、牛、卵など、サイクルさせています。

 

 

まだ時差ボケもあり、うまくブログ更新できていませんが

  

とり急ぎ、ご連絡としましては

 

6月も予定がバンバンに入ってきつつありますが

 

平日はたいてい、在舎しております。

 

土日のパピーの見学は、ドッグショーや海外への遠征がない限りは

 

おりますので、事前にご連絡ください。

 

 

●ボーダーテリアは現在は飼い主さん募集中のパピーはおりません。

 

●ワイアーフォックステリアは交配はしましたが詳細は出産後にお知らせいたします。

 

●ジャックラッセルテリアは、ラフコートのパピーのみ現在お譲り可能です。

 

コートの長めで、当ケネルのトレードマークである美しいお顔のパピーたちです。

 

家庭犬として大切にしてくださる方にのみ、お譲り致します。

 

お父さんは昨年フランスから連れ帰ったZen君で、血統はスウェーデン、デンマーク、ノルウェーの

 

北欧の血液です。

 

北欧の血液の特徴は、安定した気質、抜きんでた健全性、精神面の穏やかさ、身体能力の高さなどで

 

このZen君は、ジャックラッセルテリアの血統をわかる人がみたらもう、WOW!!というような

 

ほんとうに素晴らしい血統を備えています。

 

すでに英国で活躍する多くの若い犬たちは、Zen君の子たちです。

 

今年のクラフツでReserve Best BitchだったのもZen君の子で、アイルランドナンバーワンパピーも

 

Zen君の息子です。

 

ドッグショーにも出られる程度の、ほんとうに良い資質のパピーたちです。

 

世界でも最高クラスのブリーディングだと思います。

  

 

ご希望の方、お問い合わせください。

 

 

はっきり言って・・・

 

美犬たちです(^^)。

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

 

うちのジャックラッセルの最大特徴は、気質のよさと、お顔の美しさです。

 

(ほかにもわが子自慢はたくさんありますが♪)

 

 

いわゆる、ガウガウで、めちゃくちゃで、たえず動いてて、走り回ってて、制止がきかなくて

 

ジャック・ラッセル・テロリスト!

 

みたいな気質では、ありません。

 

 

活発だけど、過活動ではなく

 

陽気だけれど、吠えたり興奮したりがなく

 

友好的で、明るくて、人が大好きで、人に寄り添って、穏やかで、理知的で、温和で

 

誰とでも暮らせる犬たちを、育てていると自負しています。

 

はじめて犬を迎える方でも、おおらかに、たのしく、ともに暮らしてもらえるとおもいます。

 

そして、なにより見た目は、ブリードスタンダード(犬種標準)にのっとり

 

過度のアンダーサイズやオーバーサイズもなく、立ち耳や、極度の胴長短足などでもなく

 

バランスのよく、姿の美しいジャックラッセルテリアたちです。

 

姿なんて関係ないという人もいるかもしれないけれど、犬種標準がある限りは

 

犬種標準になるべくのっとって、正しい姿を継承していくのはブリーダーの務めです。

 

極度の近親交配や、無計画の増殖繁殖なども、行っていません。

 

1年1度は、海外から異血を導入し、犬種の健全なる維持と発展を目的とした計画繁殖を行います。

 

業者さんへの譲渡は行っておりません。

 

庭犬として愛してもらうご家庭にのみ、お譲りしています。

 

 

iPhoneImage.png

 

 

ご希望の方

 

ご連絡ください♪

 

 

 
<パピーのお問い合わせ/トリミング/ハンドリング/その他お問い合わせ> 
 

clumberup@gmail.com

053-545-0537 
 
子犬をお譲りする際には、お手入れ、育て方など、犬種やその子その子にあった

接し方など、きちんとアドバイスさせていただきます。

犬の幸せを飼い主さんとともに考えるのは、ブリーダーの役目です。
 
なお、商業としての繁殖を目的とされる業者さんへの譲渡は一切行っていませんのでご了承ください。
 
子犬の空輸は行っていません。飼い主さんにお会いして、直接のお渡しのみとなります。
 
ドッグショーを楽しみたい、ショードッグを迎えたいという方、お問い合わせください。


今日もブログを読んでくださった方は↓大志君のお写真を1クリックお願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ テリアへ

 

 

| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://clumberup.jugem.jp/trackback/2148
<< NEW | TOP | OLD>>