Clumber Up NewsDOGSHOW RESULTS.Puppy News and informations!
from CLUMBER UP KENNEL.
クランバーアップケネルからドッグショーリポートをはじめさまざまな情報をお届けします。
ドッグショーの結果もいちはやくリポート!おたのしみに。
当サイトの写真および文章の無断転載はおやめください。
(C)Copyright CLUMBER UP KENNEL All rights reserved.

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
Japan Kennel Club outstanding breeder of the year. 23:19

こんにちは。

 

遠かった宮崎遠征から戻ってきました。

 

でも、暖かい宮崎。

 

美味しい宮崎。

 

空気も、雰囲気も、とても気持ちのいい宮崎で

 

ちょっと、ニューヨークの燃え尽き症候群をリフレッシュできたような気がします。

 

とはいえ、犬たちたくさん連れての大移動、けっこう疲れました。

 

 

でも、宮崎は成績もよく、また、あたらしいジャックのご家族との出会いもあり

 

気持ちのいい遠征でした。 

 

さて。

 

宮崎から戻ってきたら、 Japan Kennel Clubからお便りが届いていました。

 

 
Japan Kennel Clubが、4月のジャパンインターナショナルドッグショーで表彰する
 
JKC Breeding Award, ” Outstanding breeder award”
 
わたしたちのジャックラッセルテリアの犬舎号 ”Monamour"が、
優良犬作出ブリーダー(=傑出したブリーダー)賞を受賞したとこと。
 
もう、ほんとに感謝です。
 
●一般家庭犬として迎える方にしか譲らない。
 
●業者、繁殖者には譲らない。
 
●繁殖は牝犬の一生涯で、最多でも3回まで。それ以上の繁殖はしない。
 
●すべてのブリーディング貢献犬は、卒業後家庭犬としての第2の犬生を歩むこと。
 
●すべての在舎犬は、おいしいごはんを食べ、たくさんの運動、ふかふかのハウスに暮らすこと。
 
●1回1回の繁殖に、犬種の改善と改良へのテーマと計画をもつこと。意味のない繁殖は1度でもしないこと。
 
●計画的でないブリーディングは行わない。
 
●すべての子犬は生後、いちばんはやくとも90日までは自分の手元で育て社会化を行う。
 
●対面譲渡を原則とし、メールなどだけのやりとりでは譲らない。
 
 
 
など、など、ブリーダーのワガママと勝手を貫いて、今日までやってきましたが
 
それでも、このような賞をいただき、どうにか今も愛する犬種の育種に携われることに
 
たくさんの方々に、感謝の気持ちです。
 
なにより、自分の育てた犬たちを家庭犬として迎え、家族として愛し育ててくださっている
 
たくさんのオーナーさんに、感謝です。
 
繫殖リタイアドッグたちを、家庭犬として迎え、愛してくださっているフォスターペアレンツさんにも
 
感謝申し上げます。
 
 
 
ブリーディングに貢献する犬たちのしあわせなき繁殖には、犬種の未来はない。
 
この思いを、肝に銘じ、今後も進んでいきたいとおもいます。
 
時間とともに、時代とともに、変わっていくもの、変わらなくてはならないもの
 
あるのかもしれませんが、自分は、初めて自分が1頭目のジャックラッセルテリア
 
Monamourの基礎犬である、Monaをこの手に抱いたときの思いを忘れず
 
「1頭1頭のしあわせ」を、なによりも大切に、犬たちを育てていきたいとおもいます。 
 
 
もしも、自分のようなスタンスのブリーダーがたくさん増えたら
 
あまりに儲からないことがわかり、数年後にはきっとブリーダーの数がおもいっきり減ると思いますが
 
それくらい手をかけ、それくらい時間をかけ、それくらいコストをかけ
 
無駄な繁殖はせず、1回1回の繁殖に、思いをかけ、ブリーディングしていけば
 
シリアスブリーダーとはなんぞや、というこたえにつながるのかもしれないし
 
ブリーディングに「これで完璧」というゴールはなく、この永遠のパズルの1ピース1ピースを
 
埋めていくため、日々、犬のことばっかりばかみたいに考えつづけ、思いつづけ
 
少しでも、犬種がよくなることに、近づけたらと願っています。
 
 
日本において、JKCチャンピオンとインターチャンピオンを何頭作ったのかは
 
数えてないのでよくわかりませんが、アメリカチャンピオンは自分の系統でまもなく40頭になります。
 
ちょっとだけ自分を褒めてあげたいような気もするけど、まだ、まだ、できてないこともたくさんなので
 
またこの賞を励みに、頑張っていきたいと思います。
 
 
 
2016年は、ジャックラッセルテリア牡・牝、ボーダーテリア牡・牝さらに
 
ワイアーフォックステリア牡・牝(owner伊藤様)、すべてペディグリーアワードランキング
 
日本一を受賞しました。
 
ほんとうに良い1年でした。
 
ありがとうございました!
 
 
 
にほんブログ村 犬ブログ テリアへ

 

| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://clumberup.jugem.jp/trackback/2121
<< NEW | TOP | OLD>>