Clumber Up NewsDOGSHOW RESULTS.Puppy News and informations!
from CLUMBER UP KENNEL.
クランバーアップケネルからドッグショーリポートをはじめさまざまな情報をお届けします。
ドッグショーの結果もいちはやくリポート!おたのしみに。
当サイトの写真および文章の無断転載はおやめください。
(C)Copyright CLUMBER UP KENNEL All rights reserved.

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ワイアーのチビチビが動き出して大変! 22:06
ワイアーのパピーたちが動き出したので、さあ大変!
写真を撮るのなんて、毎日どんどん大変になっていきます。

せっかくのかわいいお顔を撮ろうにも、動きたくて、動きたくて。
歩きはじめるようになった子犬は、好奇心のかたまりで
寝て起きたらもう、じっとしていません。

お写真を撮るのが大変なので、ムービーで撮ってみました。



まだ、ヨチヨチ程度なので四方八方に行方不明にならないだけマシですが
行方不明になるまで探検に行ってしまうのも時間の問題でしょう。

ちょっとじっとさせようと思ってバスケットに入れても、たちまち飛び出してしまいます。
こわがったり、プルプル震えたりすることがまるっきりなくて、とにかく外に向かって
飛び出してしまうあたりは、さすが、テリアのパピーっていう感じです。



正直に言いましょう。
テリアのパピーは、ほかのパピーにくらべるとかなりタフです。
ワイアーのパピーは、ほかのパピーにくらべると2ヶ月を過ぎた頃からすごくやんちゃです。
でも、タフで、前向きで、わりと根っから明るくて、余計なことを考えない
プラス思考なところは、ものすごく魅力的なテリアだとおもいます。
毎日はぜったいに楽しくなるし、にぎやかになるし、そして飼い主は前向きになるはず。

ワイアーフォックステリアはなんといっても、そのルックスが魅力で
とりわけ、おしゃれなアーティストや絵本画家に好まれたようです。

フランスを代表するこの絵本、タンタンの冒険旅行の主人公タンタンと
いつだって一緒に冒険をする愛犬スノーウィーも、フォックステリア。
スノーウィーは、世界一有名なフォックステリアかもしれません。

あるいは、カレル・チャペックが描いた有名な本、ダーシェンカに登場する愛犬もまた
フォックステリアでした。

ひときわ目を引くルックス、あるいはドッグショーにおいては
もっとも、ベスト・イン・ショーに近いテリア犬種として、
英国に由来するこの犬種の歴史も長く、世界中で熱心なファンシャーの多い犬種です。
生粋のイギリスらしさを持つこのテリアを好きな人は、やはり英国通が多いのも頷けます。
面白さという点では、1度ワイアーを飼うと2代、3代とワイアーと暮らしたくなる
味わいあるユニークなキャラクターもまたその魅力です。
なんとなく、見ていると笑わせてくれるアクションが多く、面白い子が多い。
大型犬を飼ってみたいけど、体力的、お部屋の広さ的に大変という人には
大型犬のような自立心とか、体力とか、犬を相棒とする楽しさがある犬種です。

ルックスは都会的ですが、トレッキングや山歩きも大好きです。
当ケネルでは、ワイアーフォックステリアが持つ美しさに忠実に、
家庭で愛されるパートナーとしての性格のよさ、飼いやすさにも重きを置いて
ブリーディング、パピートレーニングを行っております。
パピーは生後3ヶ月以降のお渡しのみとし、幼児期のトレーニングをとても大切に
犬たちを育てています。

とりわけ、「初心者にはむずかしい」「飼うのが大変なテリアキャラクター」などと
長い間そう言われてきたテリアです。
そんなことないんです、ほかのテリアと変わらずパートナードッグになれるけれど、
そのためには、パピートレーニングがぜったいに大切!
育てやすさ、明るさ、性格の良さは、この犬種をブリーディングする上では
欠かせない要素と考え、人や犬に対しておおらかな個性を伸ばすよう育てます。

パピーは生後60日を過ぎた頃に、パピーコートをフルストリッピングして
後に良いコートになるように、また、トリミングテーブルに慣らすように
どの子もトリミングをしています。

この子たちはまだあと1ヶ月先くらいですね。
毎日の成長のスピードがほんとうにはやくて、毎日どんどん育っていきます。
ジャックのパピーたちは、そもそも短脚なのでゆるやかに成長の変化をしていく感じがしますが
ワイアーのパピーたちは、長脚テリアで、仔犬の頃からどんどん脚が長くなってきて
顔もどんどんワイアーらしく長く細く整って、それにともなって「かわいい」から
「きれい」に変化していくそのプロセスがまったく違うので、育てていても両者の違いも
またとても興味深いものがあります。

離乳食をしっかり食べて、お母さんのおっぱいもしっかり飲んで育っています。


















パピーたちの好奇心や探検心もたいせつに、個性豊かに育てていきたいとおもいます。
ワイアーのパピーに興味のある方、お問い合わせください。
パピーの見学はもちろん、ケネルの見学、親犬もすべて見ていただける環境です。
053-545-0537
clumberup@yahoo.co.jp


マンちゃんとプルトのベイビーたちです。




なかなかの美形兄弟で、将来がたのしみです。
写真がブレブレですが、ご容赦を。
パピーたちを育てる日々は、毎日が変化の連続で、あっという間に育ってしまいますが
つかの間の日々を、楽しみながら育てたいとおもいます。


にほんブログ村 犬ブログ テリアへ にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへ
| Wire Fox Terrier | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://clumberup.jugem.jp/trackback/1152
<< NEW | TOP | OLD>>