Clumber Up NewsDOGSHOW RESULTS.Puppy News and informations!
from CLUMBER UP KENNEL.
クランバーアップケネルからドッグショーリポートをはじめさまざまな情報をお届けします。
ドッグショーの結果もいちはやくリポート!おたのしみに。
当サイトの写真および文章の無断転載はおやめください。
(C)Copyright CLUMBER UP KENNEL All rights reserved.

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
N.Yリポートつづき、トイショー 01:52
さて、そんなことで、なんとなくウェストミンスターケネルクラブドッグショー
通称GARDENがはじまるまでの雰囲気が伝わるでしょうか。
こちらが、ホテル・ペンシルバニアの地下。






そして、ペンタの隣の建物の2階では
トイ・プログレッシブショーとか、トイショーとか、スペシャルティショーが行われます。
また、ペンタの前からバスで1時間弱のニュージャージーとか郊外でも
スポーティングやハウンドなどの犬種のスペシャリティショーが行われ
ガーデンに向けてだんだんと気持ちが高まっていきます。
ボストンテリア、シーズー、パピヨン、チワワ、チャイニーズクレステッドなどの
スペシャリティをちょっとだけ観にいきました。
じっくり見たかったのだけれども時間が足らず、駆け足ニューヨークでした。



















この、スペシャリティショーは、数日後に控えたガーデンの行方を占う
大切な一戦にもなるので、とても見ごたえがありますが、やはりショーの質や雰囲気は
ガーデンこそ圧倒的でしょう。
それでも、スペシャリティショー(単独展)がこれだけたくさんできるということが
やはり、たしかな犬質をささえる根幹となっているのではないかと思います。
日本の多くの犬種も、単独展ができるほどのエントリー数がのぞましいことですし、
願わくば、単犬種クラブの育成と発展は、とても大切な課題ではないかと、
またもや痛感して帰ってきました。
単犬種クラブの育成こそ、純血犬種の発展と対となる不可欠なものではないでしょうか。
日本でも、シェルティ、ポメラニアン、ハスキー、ダックスなど、単犬種展ができるほど
クラブが盛り上がっている犬種がいくつかありますが、できるだけたくさんの
単犬種クラブが発展し、純血犬種の輪を深めていってほしいとおもいます。
外国でスペシャリティーショーを見るにつけ、いつもそのようなことを感じます。
ニューヨークリポート、まだまだつづく。


にほんブログ村 犬ブログ テリアへ にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへ
| dogshow | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://clumberup.jugem.jp/trackback/1062
<< NEW | TOP | OLD>>