Clumber Up NewsDOGSHOW RESULTS.Puppy News and informations!
from CLUMBER UP KENNEL.
クランバーアップケネルからドッグショーリポートをはじめさまざまな情報をお届けします。
ドッグショーの結果もいちはやくリポート!おたのしみに。
当サイトの写真および文章の無断転載はおやめください。
(C)Copyright CLUMBER UP KENNEL All rights reserved.

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
食う寝る遊ぶが仕事です。 02:06
こないだまでは、黙々と、寝てばっかりだったボーダーテリアのパピーたち。
いつの間にやら!イタズラをしはじめた!
たったの1日とか2日くらいでも、驚くほど行動が成長してきます。
ボーダーテリアのパピーは、ワイアーフォックステリアとかケアーンテリアの子どもたちに比べて
知育の発育のスピードが驚くほどはやいような印象があります。
たとえば、同じワイアーの30日のパピーたちはもっと、パピーパピーしていて
とても幼くてあどけない印象があります。
一方、ボーダーの子どもたちは、自立のスピードがはやいというか生命力が強いというか
たとえば、野生動物の赤ちゃんの自立のスピードが速いのにも似た感じがするといいますか、、、
いっぱしの犬っぽいしぐさをしはじめるまでが、あっという間です。
さっきまで、寝てばっかりだったのが、ある瞬間からもう犬になってるみたいな。




この犬種を一言ではなかなか言い尽せないのですが
まず、言えることは、図抜けて頭がよく、思考力にすぐれているという点。
状況に応じて、観察するとか、考えて行動するという頭の良さには、
何年も一緒に暮らしていてさえ、驚かされることばかりです。




うちには、ワイアーフォックステリア、ノーフォークテリア、ケアーンテリア、
ジャックラッセルテリア、ミニチュアシュナウザー、ボーダーテリア、スコティッシュテリアなど
いろいろなテリアたちが暮らしていますが、みんなテリアらしく賢いですが、やはり犬種によって
行動や思考タイプは違うので、一概に「テリア」でくくれる点は少ないかもしれません。
なかでも、ボーダーは思考レベルが他のテリアたちより図抜けているような感じで
小型テリアの思考というよりは、大型のラブラドールとかワーキングドッグの思考のような感じ。
ドッグショーではなかなか華のない、どちらかというと地味なテリアですが
超おもしろい、犬好きな人にはたまらない犬種だと思います。


ほんとに、たったの数時間とか1日くらいの違いでとつぜん
目に見えるいろいろなものに興味を深めるそのスピードの速いことといったら。
もう、ただその生命のスピードに圧倒されるばかりで。



この犬種は、人のように暮らし、人とともに過ごすことで
ものすごく知育が発達して、まるで人のような感性とか人格を持つようになるから
犬とじっくりと向き合う人生を過ごしたい人にこそ、飼ってほしい犬種です。


気持ちの深いところまで理解し合える
人生の友、という感じです。
イギリス人はほんとうにボーダーテリアが大好きで、日本の柴犬みたいな感じ。
犬も自立しているし、人間も自立しているので、ちょうどいい距離感
互いが心地よい関係でいられる、人と犬の大人な関係が築ける犬種なのだろうと思います。
ジャックとかワイアーは、、、大人とか自立とか、ではないかなあ。
どちらかというと、永遠に子どもみたいって感じが魅力かなっと思います。


↓LOVE SHOWDOG!の1クリックお願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ テリアへ にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへ
| border terrier | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>