Clumber Up NewsDOGSHOW RESULTS.Puppy News and informations!
from CLUMBER UP KENNEL.
クランバーアップケネルからドッグショーリポートをはじめさまざまな情報をお届けします。
ドッグショーの結果もいちはやくリポート!おたのしみに。
当サイトの写真および文章の無断転載はおやめください。
(C)Copyright CLUMBER UP KENNEL All rights reserved.

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ボストンテリア・アメリカ原産の数少ない犬種 22:25
グレちゃんのパピーたち。
小さいのに活発で、とても利発そうな子たちでした。
こんなに小さいのに、とても安心感のあるパピーさんたちでした。
あまりの可愛さに、メロメロ。
写真をたくさんアップしたいと思います。



ボストンテリアは、数少ないアメリカ原産の犬種です。
アメリカは犬天国、犬大国というイメージが強いですが
意外にも、アメリカ原産の純血犬種というのは少ないのです。

アメリカ原産の犬種は、アメリカンフォックスハウンド、
アメリカンウォータースパニエル、チェサピークベイレトリバー、
アメリカンコッカースパニエル、アメリカンスタッフォードシャーテリアなど
現在ではずいぶんの数になりましたが、イギリス原産の純血犬種に比べると
はるかに少なく、ワールドワイドでメジャーな犬種が意外に少ないのです。
ボストンテリアは、アメリカ原産の純血犬種のなかでは日本でいちばんポピュラーな犬種
ではないでしょうか。
ちなみに、JAPAN KENNEL CLUBが公認している純血犬種を原産国順に見ると
1 イギリス/ENGLAND 54
2 ドイツ/GERMANY 19
3 フランス/FRANCE 13
4 日本/JAPAN 11
5 アメリカ合衆国/U.S.A. 9
6 ベルギー/BELGIUM 9
7 アイルランド/IRELAND 7
8 チベット/TIBET 5
9 ハンガリー/HUNGARY 5
10 中国/CHINA 5
11 オーストラリア/AUSTRALIA 4

ということで、イギリスが圧倒的1位、アメリカは5位に位置づけられています。

アメリカには州を代表する純血犬種というのがあるようで
日本では、北海道犬、甲斐犬、紀州犬、土佐犬など地域から根付いた土着の純血犬種がいますが
それとは少し意味合いが異なり、アメリカの州犬というのは、
その州やエリアを発祥の地としなくても、州のマスコット・ドッグという感じのようで
たとえば、アメリカの大学にはそれぞれイメージキャラクターがいるのと近いイメージのようです。

ボストンテリアは、マサチューセッツ州ボストンの犬で、
その起源は1800年代と意外に古く、その当時のボストンテリアは現在より大型で
「ボストン・ブル」とも呼ばれたそうです。
ボストンテリアのボディは、タキシードのような黒地に白の斑が特徴で、
これは「ボストンカラー」と呼ばれ、あの人気キャラクター「のらくろ」の
モデルになったのが、ボストンテリアだったといわれています。

アメリカ原産の犬種としては、チェサピーク・ベイ・レトリーバーがいちばん古く、
アメリカン・フォックスハウンドに次ぐ三番目に古い犬種。
ちなみに、最近は日本のドッグショーシーンでも見かけることが増えてきた
オーストラリアン・シェパードは、オーストラリアではなくアメリカ原産の犬種です。

アメリカ、マサチューセッツ州ボストンCityの顔となる、ボストンテリアです。




アメリカから来る犬は、パートナードッグとしての資質がとても高いように感じます。
人とともに生き、人とともに犬生を楽しむという感性が優れていて
当然に、オビディエンスなどのトレーニング性能も高いように感じます。
ドッグショーのマナートレーニングが入れやすいのも特徴のひとつかもしれません。
アメリカ人の「犬観」や「パートナードッグ観」というのが、犬に現れているように感じます。
たとえスーパーショードッグであっても、パートナードッグとしての資質を損なわないよう
メリハリの効いた犬育てが大変に上手なのが、アメリカ流犬育ての特徴ではないでしょうか。

ボストンテリアのグレちゃん&シンディのパピーたち、オーナーさん募集中です。
ショードッグに、パートナードッグに、素晴らしい資質を持ったボストンテリアを
どうぞ家族としてお迎えください。
とても人間に慣れた子たちなので、初めてボストンを迎えるという方にもおすすめです。
続きを読む >>
| BOSTON TERRIER | comments(0) | - | posted by Clumber up kennel -
滅多に出会えない両親アメリカチャンピオン、ボストンのパピーたち。 18:02
ちょっと前、G7のセミナーに行く前のことになりますが、
ショードッグとして頑張っているボストンテリアのグレイソン君のママが
グレイソンのパピーたちを連れてケネルに遊びに来てくれました。

かわいい〜!

お父さんは、Team Clumberupのトイグループを率いるボストンテリアのグレイソン君。
AM.CH.BARRA'S SING THE BLUES.(CALL NAME GRAYSON)

グレちゃんことグレイソン君は、在米中はアメリカのトップハンドラーである
KAZ HOSAKA氏のもとでショーイングをし、アメリカチャンピオンを完成。
その後、来日した期待のボストンでした。
来日後、クランバーアップでショーイングをスタートさせ、昨年のチャンピオン・オブ・チャンピオン、
今年のアジアインターナショナルドッグショーでは、見事、アジアウィナーを獲得しました。


グレちゃんの特筆すべき点は、すっきりとした美しい頭部。

たるみがなく、すっきりとしたとても美しい頭部は、多くのジャッジから評価をいただきました。
とてもハンサムなグレイソン君の子どもたちも、みんな美男美女揃い。

グレイソン君は、現在ブリードポイントNo,1ボストンで2009年前半戦を折り返し中です。
そして、今回のブリーディングが素晴らしいのは、
パピーたちのお母さん犬もまた素晴らしい名犬だということです。
こちらがお母さんのCINDYのショードッグ時代のお写真。
AM.JKC.INT.CH Top Character's Jazz Singer FCI.(CALL NAME CINDY)
このCINDYがすごいのです。
生後7ヶ月でアメリカに渡りショーチャレンジをし、わずか4回で(2回オーバースペシャル)で
アメリカチャンピオンを完成しました。なんと、わずか生後8ヶ月でした。
CINDYは、祖母に全米No,1ボストンに輝いたDIZを持つ名犬で、ボストンテリアでは珍しい
シュープリームドッグを完成させた女の子です。
シュープリームドッグとは、オールブリードショーで5回のKING,QUEENを獲得するという
非常にハードルの高いタイトルで、トイグループという激戦区を考えれば
短毛種のボストンテリアがグループファーストを獲り、QUEENまで選ばれるのは
素晴らしい犬質とショーの内容がともなっていなければ、なかなか大変なことですが
CINDYはそのシュープリームドッグのタイトルを持ったボストンテリアです。

グレイソンとシンディという素晴らしいアメリカチャンピオンの両親から生まれた
ボストンテリアのパピーたち、大切に育ててくださるオーナーさん募集中です。
2009年6月26日生まれ。
男の子1頭・女の子3頭。
お問い合わせの際は、首のリボンの色をお伝えください。
お問い合わせ先 クランバーアップケネル
●電話 053-545-0537
●e-mail clumberup@yahoo.co.jp

続きを読む >>
| BOSTON TERRIER | comments(0) | - | posted by Clumber up kennel -
四国インターその2・グレイソン君 20:07
今年からインターチャンピオン取得資格条件のルールの変更があったので、
ショーにエントリーしている子たちもなかなか大変です。
もし、B.O.Bを何度獲得しても、異なる3カ国以上のジャッジからのCACIBでなければ
条件を満たさないため、苦戦している方もたくさんいるかと思います。
毎回、違う国のジャッジならば、ただベストを尽くしてショーをして
結果を出すべく努力を重ねるだけで良いのですが、
たとえば、1枚目アメリカ、2枚目日本人、3枚目日本人だとして
4枚目からは、何度日本人の審査員の先生からB.O.Bをいただいたとしても
そのCACIBは有効にはなりません。
そんなことで、まだルールの変更に戸惑いがありますが、
コート犬種はなかなか大変だろうとおもいます。
3枚目まで獲得していても、その後の審査割でずっと同じ国の審査員の場合
別の国の審査員が立つFCIショーまで状態をキープしなければなりません。
ちょっと大変ですが、なるべく、外国人のジャッジが来日してくれることを
願うばかりです。

ボストンテリアのグレイソン君。

FCIアジアインターナショナルドッグショーに続き、四国インターもBest Of Breedでした。
グレちゃんも、インターチャンピオン目指して頑張っています。




続きを読む >>
| BOSTON TERRIER | comments(0) | - | posted by Clumber up kennel -
グレイソン君Asia Winnerに。 23:19
アジアインターナショナルドッグショーは、ふだんのショーに比べて
リングサイドのギャラリーも多く、ブリード審査からエントリー数も多く
なにより、誰もがこのショーのベスト・オブ・ブリードを獲得したいという強い思いや
情熱や熱気がビッグサイトの空気全体に立ち込めている感じがします。
ギャラリーの拍手や応援もふだんのショーより熱が入っているし、カメラもたくさん。
ある種の気迫に満ちた審査で、ベストパフォーマンスを見せることは大変なことです。
相手がたくさんいることもまた、ショードッグにとってもハンドラーにとっても
プレッシャーになる場合もあるでしょう。
なかなかいつも通りのショーを見せられずに終わってしまうこともあります。

なにより、アジアインターでは各ブリード審査時間が重なりやすく、
ギリギリのタイムテーブルをどうにか縫うようにして、
オールブリードハンドラーたちはいくつものリングを行き来します。
クランバーアップも1日目は、コーギーの単独システム、ゴールデンの単独システム
フラットの単独システムが重なり、そこにイングリッシュコッカーやジャックラッセルが入り
頭がこんがらがりそうなスケジュールでした。

しかし、2日目は1日目の忙しさとはうってかわってゆとりがありました。
2日目は、ワーキング、トイが中心の日でしたが、クランバーアップには
ワーキングはドーベルマン、トイはボストンテリアのグレちゃんだけなので
余裕を持ってリングに向かい、集中してショーにのぞめたと思います。

ボストンテリアのブリード審査もいつになく多数のチャンピオンクラスのエントリー。
こんなにたくさん並んだのははじめて見ました。
ずらりと並ぶ牡のチャンピオンクラス。
前から2番目が、グレちゃん(AM.CH.BARRA'S SING THE BLUES)です。

続きを読む >>
| BOSTON TERRIER | comments(1) | - | posted by Clumber up kennel -
超☆かわいいお客さま。 00:41
先日、ケネルにとてもかわいいお客様が来てくれました。

Team Clumberupでショーイング中のボストンテリア、GRAYSON君
AM.CH.BARRA's Sing the blues〕と、以前Team Clumberupでチャンピオンフィニッシュした
ROXYのかわいいベイビーたちです。

続きを読む >>
| BOSTON TERRIER | comments(0) | - | posted by Clumber up kennel -
グレちゃん褒められました! 01:15
ボストンテリアのグレイソン君。
AM.CH.BARRA’S SING THE BLUES.

アメリカでは、KAZ HOSAKA氏のもとでチャンピオンをフィニッシュ。
そして来日しましたが、来日してからショーイングをし始めた時期、
日本の気候はどんどん寒くなる時期にさしかかり、気候に慣らしながら
日本のドッグショーに慣らしていくトレーニングをしてきました。
そして・・・
続きを読む >>
| BOSTON TERRIER | comments(1) | - | posted by Clumber up kennel -
ボストンテリアの話。 16:38
千葉インターナショナルドッグショーのリポートです。
トップバッターは、ボストンテリアのグレイソン君から。
グレちゃんはアメリカからやってきました。
AM.CH.BARRA'S SING THE BLUES.
CALL NAME GRAYSON.




グレちゃんはアメリカからやってきましたが、
ボストンテリアはアメリカ原産の数少ない犬種です。
ドッグショー大国であるアメリカですが、犬種の原産国としては
さほど多くの犬種を生み出しているわけではありません。
多くの犬種において、その犬種の明確なルーツがわからないこともありますが、
ボストン・テリアという犬種のルーツは、はっきりと文書に残されています。
アメリカを原産とする犬種はとても少なく、ボストンテリアは3番目に古い犬種です。



千葉インターの写真リポートをしつつ、グレちゃんのルーツ、
ボストンテリアのルーツについてちょっとだけお話したいと思います。


1865年頃、アメリカのBOSTON CITYで、裕福な人々に雇われていた馬車の御者たちが、
雇い主が飼っていた優秀な犬同士を交配させました。
その中で、イングリッシュ・テリアとブルドッグを掛け合わせ誕生したのが
「ホッパーズ・ジャッジ」と呼ばれた犬種でした。
約13kg以上もの体重があったホッパーズ・ジャッジを小型の雌と交配し、
その後誕生した雄犬をまた小型の雌と交配しました。
こうしてできた小型の犬にさらにフレンチ・ブルドッグを交配し、
ボストン・テリアの基礎となる犬が作られました。

1889年頃までに、この犬種はボストンでたちまち人気を集め、
愛好家たちが「アメリカン・ブル・テリア・クラブ」という組合を
結成するまでになりました。
しかし「ブル・テリア」という名前を使ったことで、
もともとのブル・テリア・ファンシャーから反感を買ってしまいました。
この犬種のニックネーム「ラウンドヘッド」という名前をつけようという
動きもありましたが、すったもんだした挙句、この犬種の発祥地にちなんで
「ボストン・テリア」と名づけられることになりました。

無名の犬種からAKCに承認されるまでのボストン・テリアの出世の速さは、
目を見張る勢いでした。
この犬種は誕生して20年も経たない1893年にはAKCに承認されるまでになったのです。

その後も繁殖家はボストン・テリアの種の安定性を追求しました。
初めは色や模様などはあまり重視されていませんでしたが、
20世紀前半には、その独特な模様と毛色が優れたボストン・テリアとして
とても重要なポイントとなりました。
ボストン・テリアは急速にアメリカ中で高い評価を得るようになり、
20世紀中半には全米でもっとも人気のある犬種の仲間入りをし、
現在でもその人気は不動のものとなっています。
この犬種を愛する愛好家たちの手によって犬質の安定、
犬種の固定化がなされた結果、口吻がつまって、すっきりした頭部で、
ホワイト・マーキング、黒く穏やかな瞳のすっきりとしたボディの犬となったのです。





わずか20年に満たない時間でアメリカのメジャー犬種へと登り詰めた
ボストンテリア。
それだけ育てやすく、魅力的な犬種だったのだろうと思います。


人間への愛情がとても深く、グレちゃんもとても愛すべき性格をしています。




この日の幕張メッセはとても冷えていました。
アメリカから来たグレちゃんにはまだまだ寒かったようで・・・
千葉インターは残念賞でした。
短毛の小型犬たちにとってこの季節、寒さがとても可哀相ですね。
グレイソン君、また頑張ります!
はやくあたたかい季節が来るといいですね。
かわいいグレちゃんに、あたたかい応援をよろしくお願いします。


ENJOY!TERRIERFUL LIFE! 1日1クリックをおねがいします!
    
     にほんブログ村 犬ブログ テリアへ にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへ

みなさまの応援が、Clumberupのがんばる毎日の原動力です。
いつもありがとうございます。


| BOSTON TERRIER | comments(0) | - | posted by Clumber up kennel -
テリアはテリアでも・・・ 14:53
今日の夜、浜松を出発して千葉に向かいます。
トリミングルームは行列の出来るにぎわいで、シャンプーの子、
最後の微調整のトリミングの子など、てんやわんやしています。
ドッグショーに出発する前はいつもバタバタと慌しいケネルです。
こちらも駆け足で、大阪連合展の様子をアップしていきたいと思います。
チーム・クランバーアップのメンバーの紹介もかねてリポートします。

ボストンテリアのニューフェイス。
アメリカチャンピオンのGRAYSON、グレちゃんです。
ボストンテリア、「テリア」とついていますが、9・トイグループです。

AM.CH.BARRA'S SING THE BLUES.
CALL NAME GRAYSON.

全米オールブリードNo,1ハンドラーのKAZ HOSAKA氏のもとで
アメリカチャンピオンフィニッシュ、そして待望の来日です。
頭部表現、顔の表現がとても大切なボストンテリア。
とても美しいお顔をしているグレちゃんです。
日本の気候風土、湿度、温度、ドッグショーの雰囲気など、
だんだんとショーに慣らしている最中ですが、ショーへの集中力や
マナーもだんだん状態が上がってきました。
とても楽しみな子です。












日本の冬も寒いですが、グレちゃん頑張ります。
このグレイソン君、昨年末のチャンピオン・オブ・チャンピオンズでは、
外国人ジャッジでB.O.Bを獲得しました。
とてもハンサムなグレイソン君、今週末の千葉インターも頑張ります。
あたたかい応援よろしくお願いします。



グレちゃんに1日1クリックをおねがいします!
    
     にほんブログ村 犬ブログ テリアへ にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへ

みなさまの応援が、Clumberupのがんばる毎日の原動力です。
いつもありがとうございます。
| BOSTON TERRIER | comments(0) | - | posted by Clumber up kennel -
ボストンテリアのグレイソン君。 03:09
昼間、ブログをアップしようとPCに向かっていると、
突如、i-phoneの音楽ダウンロードの方法を調べてといわれたり
突如、ひとりでポンカンを庭に植えてといわれたり、
突如、買い物やら、なにやら、かにやら、いろいろで
犬たちからは、遊んで遊んでもっと遊んでと誘われることばかりで
ゆっくりとパソコンに向かっていることもなかなかかなわず、
集中して作業ができないジレンマにおそわれつつ、深夜に黙々と作業しています。

チャンピオン・オブ・チャンピオンズのリポートをつづけます。
ボストンテリアのグレイソン君、通称グレちゃん。
アメリカで2007年No,1ハンドラーに輝いたMr.KAZ HOSAKAのもとで
アメリカチャンピオンを完成し、来日しました。
頭部表現がとても重要なボストンテリア。
グレちゃんの美しい頭部表現と、正確な骨格構成。
2009年のグレイソンのショー、どうぞお楽しみに!

AM.CH.BARRA'S SING The BLUES.





グレちゃん、牡のベストドッグに選ばれ、牝のベストビッチと対戦の後、
2008年の、チャンピオン・オブ・チャンピオンズに!
おめでとうございます!
2009年に向けて、幸先のいいスタートとなりました。
2009年も、頑張ります。










2009年、期待のニューフェイスです。
ほんとうに、きれいな、優しい顔をしたグレイソン君です。
四肢健全、性格もとても明るく陽気な性格。
グレイソン君に、あたたかい応援をお願いします。


CLUMBERUPに、応援の1日1クリックをおねがいします!
    
     にほんブログ村 犬ブログ テリアへ にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへ

みなさまの応援が、Clumberupのがんばる毎日の原動力です。
いつもありがとうございます。
| BOSTON TERRIER | comments(0) | - | posted by Clumber up kennel -
SING A BLUES NOW ON DEBUT! 09:38
さてこのニューフェイスはいったい誰?

アメリカのKAZ HOSAKA氏のもとでショーイングしアメリカチャンピオンをフィニッシュ。
そして待望の来日です。

性格も甘く、活発で、ケネルの人気者。
アメリカからやってきた、グレちゃんこと、グレイソン。
ボストンテリアのアメリカチャンピオンです。




海外から日本に来日した犬は、まず日本の湿度や、わからない言語
ドッグショーだけでなく日常生活の違和感に上手に順応させてあげるのに
時間をかけてあげる必要があります。
たぶん、海外から日本に来れば、湿度の違いや、気温の違いにも
躊躇うと思うし、人間の体臭も厳密に言えば、日本人と欧米人では
違うとおもいます。
ショードッグケネルをしていれば、海外から来る多くの犬を迎えることが
ありますが、来日して3ヶ月くらいまでの時間をどう心穏やかに、
ここが安心の場所なのだと理解してもらうかが、とても気持ちをつかいます。

幸いにして、グレちゃんは、Mr.KAZ HOSAKAのケネルにいたので、
日本人や日本語への順応ははやく、いまはずいぶん慣れてくれました。
あとは、日本のショーにも慣れていない部分があるので、慣らし運転です。

通常、海外からでも日本の各地からでも、お預かりして間もない犬は、
ハンドラーの事務所か、リビングで生活させます。
彼らは、ハンドラーがいつも見える場所で生活しています。
こうして、ハンドラーの声、におい、発する空気、チームでのボス性など
多くのことに慣れ、安心し、それが、親和や信頼につながると思っています。





フリーステイも決まりました!

こうしてともに歩みながら、ハンドラーも犬の癖や傾向を理解し
犬もハンドラーを理解し信頼し、ともに歩み寄りながら親和を築き
それが、調和の取れたショーマンシップにつながるのだとおもいます。


グレちゃん、初のインターショー、B.O.Bで1枚目のCACIBをいただきました。
まだちょっと、音の反響にソワソワする場面もあったものの、
FCIデビュー戦としては合格点のショーの内容でした。
激戦のグループ審査では、プレイスメントにまだ手が届きませんでしたが
よく頑張りました。
犬質の高さを感じることのできるショーでした。








AM.CH.BARRA'S SING A BLUES.
CALL NAME GRASON!

グレちゃん、ショーのときは勇ましく、一生懸命な姿が印象的。
ふだんは、甘くて人間が大好きで、最高のキャラクター!
ニューフェイス、グレちゃんに、あたたかい応援をよろしくお願いします。


CLUMBERUPに、応援の1日1クリックをおねがいします!
    
     にほんブログ村 犬ブログ テリアへ にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへ

みなさまの応援が、Clumberupのがんばる毎日の原動力です。
いつもありがとうございます。

| BOSTON TERRIER | comments(0) | - | posted by Clumber up kennel -
| 1/2 | >>