Clumber Up NewsDOGSHOW RESULTS.Puppy News and informations!
from CLUMBER UP KENNEL.
クランバーアップケネルからドッグショーリポートをはじめさまざまな情報をお届けします。
ドッグショーの結果もいちはやくリポート!おたのしみに。
当サイトの写真および文章の無断転載はおやめください。
(C)Copyright CLUMBER UP KENNEL All rights reserved.

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
Petit Macarons. ボナペティ。 23:11

iPhoneImage.png

 

とってもダークで

 

つやっつやの

 

プチ・マカロンズ。

 

召し上がれ。

 

ぷっくぷくの、むっちむち。

 

完全母乳で育てていますので、マカロン先生の、食べること食べること。

 

まさに、どんぶり飯でごはん平らげるみたいな感じで、猛烈に食べて

 

子育てに没頭しています。

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

持った瞬間、手に伝わってくる感触が、体質が硬いというか

 

みっしりと、しっかりとした体です。

 

そして生まれて数日なのに、実によく動く。

 

産箱の中を、かなり力強く動き回っています。

 

iPhoneImage.png

 

マカロンが育児の息抜きで運動場にでている間・・・

 

どうしても子犬の世話をしたい

 

誰かさん・・・

 

iPhoneImage.png

 

排泄のお世話まで、完璧です。

 

 

しあわせな繁殖は、健やかな母犬から。

 

マカロンは、たくさん食べて、ときどき運動に出て、猛烈に走って

 

そしてまた、子どもたちのもとに戻ってきます。

 

お母さん犬だって、息抜きしたいし、体も休ませたいし、四肢を伸ばして運動しないと

 

筋肉も、骨も、げっそりとやつれてしまうけれど

 

お母さん犬を大事にすれば、もちろん子どもたちの発育だってよくなるし

 

そして、お母さんの気持ちがストレスフリーであればこそ、のびやかな子育てができると

 

そんなふうに、思っています。

 

iPhoneImage.png

 

 

 

母子ともに健やかに、育っています。

 

毎日つい、お写真撮っちゃう・・・。

 

 

 

では、また。

 

 

 
 

 

 

<パピーのお問い合わせ/トリミング/ハンドリング/その他お問い合わせ> 

* ジャックラッセルテリア パピーオーナーさん募集中です。

 

*ワイアーフォックステリアはブリーディングしたばかりなので受胎確認までお待ちください。
  
*ボーダーテリアは待っている方が多く、予約優先とさせていただきます。


clumberup@gmail.com

053-545-0537 
 
子犬をお譲りする際には、お手入れ、育て方など、犬種やその子その子にあった

接し方など、きちんとアドバイスさせていただきます。

犬の幸せを飼い主さんとともに考えるのは、ブリーダーの役目です。



今日もブログを読んでくださった方は↓大志君のお写真を1クリックお願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ テリアへ

 

| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
ワイアーフォックステリア Special Puppies 15:13

暑い。

 

ちょっと山を降りて買い物に町の方に行くと、気温がかなり違います。

 

自分たちのいる山のほうは、町に比べるとやっぱりだいぶ涼しいし

 

風が通るので、ぜんぜん違います。

 

町で犬と暮らしている方々は、お散歩の時間帯も大変ですね・・・

 

人も犬も、熱中症などならないよう、ご自愛ください。

 

 

さて。

 

お問い合わせをいただいては、なかなかお譲りできる子たちが生まれず

 

今回、ようやく!!良いお知らせです。

 

当ケネルの代表犬種、ワイアーフォックステリアのパピーたち、ようやく無事に育ち

 

オーナーさんを募集することができそうです。

 

6月末生まれなので、お渡しは9月末くらいを予定していますが

 

よく食べ、よく遊び、すくすくと育っています。

 

今回は、ジョージャ(FOXCREEK JP LOVING YOU OF SANTERIC)と

 

ドイツから来たヨーロピアンウィナードッグ、AM.CH.GRANITE V.D SCHONEN BERGENの

 

子どもたち、女の子のみなので、女の子のパピーのオーナーさんを募集します。

 

GRANITEは、アメリカのMONTGOMERY TERRIER NATIONAL WEEKENDで

 

ワイアーフォックステリアクラブオブアメリカのナショナル・スペシャリティで

 

ベスト・オブ・ウィナースにも選ばれた名犬で、名血です。

 

こういう血統を日本で繁殖できることは、ほんとうに素晴らしいことだなあと思います。

 

GRANITEは、もちろんワイアーなんですけど、ワイアーらしくないというか

 

おおらかで、おっとりして、めちゃくちゃかわいいです。

 

だから、ワイアーフォックステリアは飼ってみたいけれど、テリア気質が心配、、、という方も

 

この、ヨーロッパの血統というのはおすすめです。

 

母方のジョージャは、遡るとスウェーデンのCrispyの血統を持ち、ジョージャのお母さんは
 
ミッシェルなので、SANTERICのエレガントなアウトラインと美しい頭部が
 
子犬たちに受け継がれることと思います。
 
エレガントでおしゃれなワイアーに育つなるだろうなあと、楽しみにしています。
 
やっぱり、ワイアーフォックステリアはエレガントで美しいお顔が命の犬種だとおもいます。
 
 
もう1組のパピーたちは3匹で、男の子1頭、女の子1頭のオーナーさんを募集します。
 
Rachel(テリア展BISパリス娘)とENG.import BURRENCROFT TOP MAN(Robin)の組み合わせ。
 
Robinはバリバリの英国の血統なので、昔ながらのワイアーフォックステリアらしさがありますが
 
パピーたちはSantericのラインブリーディングのレイチェから生まれたので
 
先々、どう育っていくのかなあと楽しみですが、とにかくこの子たち、性格が最高。
 
どんなことにも物怖じしないし、神経質なところもない。
 
離乳食はもりもりと、残さず食べて、ジャックラッセルのパピーたちとも上手に遊んでいます。
 
 
ワイアーフォックステリアは、誰にでも簡単に育てられる犬種ではないですが
 
きちんとパピートレーニングを経て、人間とともに暮らすことを理解したワイアーフォックステリアは
 
人生の最良の相棒になってくれることと思います。
 
ペットというよりも、相棒というか、まあ、ワイアーは独特のキャラクターこそが持ち味で
 
魅力だと思います、そして!
 
なんどもいいますが、エレガントで美しい頭部、美しいスクエアなボディも
 
テリアの中では花形の犬種だとおもいます。
 
グルーミングをしていく楽しみも、ありますね。
 
うちのワイアーは、わりと多頭飼育が上手に順応できるとおもいます。
 
テリア気質は、ガウガウして、飼い主の手を噛んだり、誰にでもくらいついて行ったり
 
狂暴スイッチオンになる、みたいな気質のことを言うわけでは、ありません。
 
テリア気質は、シャイでなく、心が強く、飼い主に忠実で、何ものをも畏れない。
 
そういう気質のことを、言うのだと思います。
 
巷では、間違ったワイアー観とか、間違ったボーダーテリア観とか、間違ったジャックラッセル観
 
みたいなものが、まことしやかに言われていて、犬種愛好家として心を痛めています。
 
ほんとうに良い気質のワイアーは、マイルドで、フレンドリーで、明るくて、そしてマイペース。
 
興味のある方はぜひ、見学にいらしてください。
 
 
では。
 
今日のお写真
 
めちゃくちゃかわいいですよ。
 
どぞ。
 
 
iPhoneImage.png
 
iPhoneImage.png
 
iPhoneImage.png
 
iPhoneImage.png
 
めちゃくちゃ活発になってきた。
 
iPhoneImage.png
 
iPhoneImage.png
 
この時期、兄妹としっかり遊ぶことは、将来のための大事なトレーニング。
 
iPhoneImage.png
 
遊ぶことが、勉強です。
 
iPhoneImage.png
 
iPhoneImage.png
 
iPhoneImage.png
 
iPhoneImage.png
 
iPhoneImage.png
 
iPhoneImage.png
 
iPhoneImage.png
 
iPhoneImage.png
 
iPhoneImage.png
 
ほんとかわいく育っています。
 
そして、犬質が高いなあと感じます。
  
ぜひ、会いに来てみてくださいね。
 
 
 

 

 

<パピーのお問い合わせ/トリミング/ハンドリング/その他お問い合わせ> 

* ジャックラッセルテリア パピーオーナーさん募集中です。

 

*ワイアーフォックステリアはブリーディングしたばかりなので受胎確認までお待ちください。
  
*ボーダーテリアは待っている方が多く、予約優先とさせていただきます。


clumberup@gmail.com

053-545-0537 
 
子犬をお譲りする際には、お手入れ、育て方など、犬種やその子その子にあった

接し方など、きちんとアドバイスさせていただきます。

犬の幸せを飼い主さんとともに考えるのは、ブリーダーの役目です。



今日もブログを読んでくださった方は↓大志君のお写真を1クリックお願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ テリアへ

 

| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
キミがいる夏。 21:47

夏の思い出を、たくさん、i-phoneの写真を見返して

 

夏休みのあいだに、カメラのキタムラに行ってフォトブックをつくったりして

 

まだ終わってないけど、2016年の夏を振り返ったりしています。

 

8月15日くらいを過ぎると、夏がせつなくなるのは、なんでだろう・・・。

 

でも、はやく涼しくなってくれないと、犬たちはたまりませんね。

 

なんだか今年は、ちょっとだけ、気持ちにゆとりのもてる夏のような気がします。

 

 

日本中から、日本を代表する実力派トリマーさんたちが一同に集まってくれて

 

うちで、みんなでバーベキューをしたり

 

日本中から、うちから犬を迎えてくださったオーナーさんたちが集まって

 

ファミリーキャンプができたり

 

犬を通じて、出逢った人たちとの縁をあらためて感じ、感謝する夏でした。

 

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

わたしのパートナードッグたちも、夏休みは、思いっきり遊びました。

 

9月からまたドッグショー、さらに海外での重要なショーも控えているけれど

 

そんなことはつかの間忘れて、思いっきり、海に入って遊びました。

 

ショードッグだから、遊ぶのはご法度?

 

ショードッグだから、水遊びは厳禁?

 

いえいえ。

 

うちの場合、ショードッグである前に、まず、コンパニオンです。

 

みんな、誰かの大事な存在で

 

生きている1分1秒、輝いて生きる存在だと、おもうのです。

 

まあたしかに、潮焼けしたコートをもとに戻すには、コートレスキューとかコンディショナーとか

 

ちょっとだけ手がかかりますが、それでも、テリアはワーキング・ドッグですから

 

アクティブに、自然のなかで遊ぶことを否定する生き方は、させられません。

 

というのが、まあ、自分たちのポリシーといっては大げさですけれども・・・

 

 

コートももちろん大事、だけど、犬の生きるエネルギーとか、はつらつとした気とか

 

張りのある筋肉、緊張美、躍動的な性質、みたいな、犬が生き生きと生きてはじめて

 

美しいものじゃないかなと・・・そんなふうには、思っています。

 

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

毎日の、いくつもの、モーメント、モーメント

 

犬たちがいて、よかったなとか、うれしいなとか、うつくしいなと、思う。

 

それって、しあわせなことだなあと、この夏、ショーの忙しさからちょっと立ち止まったとき

 

あらためて感じました。

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

 

犬たちだって、完全無欠のショードッグでもないし、あまえんぼうで、悪がきで、でも

 

この犬たちが、家族でいてくれてよかったなと、おもいます。

 

iPhoneImage.png

 

自分は、そういう存在を、みなさんに送り届けるブリーダーでありたいし

 

生ませて、売って、それでおしまい!

 

という、パピー・ファクトリーみたいなことがしたいわけじゃないし

 

ましてや、生まれる前から、●●ちゃんと、××ちゃんを交配しました〜

 

●●月頃出産予定です、飼い主さん募集中♪♪♪

 

というような商法も、自分の性分には合いません。

 

 

無事に受胎するかもわからないし

 

無事に受胎したって、無事に生まれるかもわからないし

 

無事に生まれたって、無事に育ってくれるかもわからないし

 

無事に育っても、その子をどのご家庭に送り出すのかは

 

犬の個性と、迎える家族の個性とが、ぴったり一致したときに

 

ベストの縁組になるわけであって、だから、売っておしまいみたいなことは

 

思っていません。

 

子犬がしあわせになるということは、もちろんのことなのだけれども

 

迎えた家族がしあわせにならないような縁組は、やっぱりよくないと思う。

 

アクティブな家庭にはアクティブな犬を。

 

シニアの落ち着いた家庭には、落ち着いた性質の犬を。

 

ちいさなお子さんがいる家庭には、なにごとにもめげない陽性の子を

 

女性のひとり暮らしなどの方には、マイペースで自分の世界をもっているような子を。

 

そんなことを、いつも考えています。

 

アクティブな家庭に、アクティブでない犬がいったり

 

落ち着いた生活を好む家庭に、超ハイパーな犬が行ったり

 

ちいさいお子さんがいるご家庭に、神経質でおとなしい子犬がいったり

 

女性のひとり暮らしなどの家庭に、寂しがり屋の留守番嫌いの犬がいったら

 

やっぱり、飼う側も悪戦苦闘になってしまい、犬との生活に悩みが生まれてしまう。

 

ちいさな悩みがいずれ、大きな悩みになって、犬との暮らしが負担になってしまう。

 

そんなことは避けなければと、思っています。

 

 

 

子犬が生まれた日からお譲りするまでを見続けているブリーダーだからこそできる

 

アドバイスがあるとおもうので、それは、ぜひ聞いてもらえたらと思います。

 

うちの犬たちは比較的、他ブリーダーさんの子犬に比べると、おっとりとしておおらか

 

イタズラもわりと少なく、なにより、吠えないと思います。

 

要求吠えとか、情緒不安定に無駄吠えするということは、まずないかも。

 

だいたいは、おおらかで育てやすい子だし、おおらかで育てやすい子になるまで

 

社会化トレーニングして、手をかけてから渡すので、みなさん「飼いやすい」って

 

言ってくださいますが、それでもやっぱり、犬を迎えるのは家族を迎えること。

 

 

これから犬を迎えようと思った時には

 

自分たちの生活スタイル、自分たちの趣味嗜好、自分たちの人生設計

 

自分たちのむこう15年の生活の変化、自分たちがうれしいとおもうこと、その逆など

 

たとえば就職活動のときに自己分析をするのとおなじように

 

自己分析をしてほしいなと、思います。

 

自己分析をすると、自分が迎えたい犬=自分が迎えられる犬でないことがあることにも

 

気付きます。

 

自己分析をしたあとに、こんどは、子犬を探すのではなくブリーダーを探してみてください。

 

そして、そのブリーダーに、自己分析した自分について自己紹介をしてみてください。

 

自分は、こんな性格で、こんな職業で、こんなライフスタイルで、週末はこんなことしてて

 

こんなところに住んでいて、将来的にはこういう生活になりそう。

 

みたいなことを、話せるようなブリーダーがいいですね。

 

 

で、ああ、そんなあなただったら、この子の方がこの子よりいいですよ。

 

なぜなら、この子はね・・・というような展開で

 

理想のパピーとの縁をたぐっていくというのが理想じゃないかなあと思います。

 

 

 

まあ大体の方は、犬が飼いたいと思うとググって最初にでてきたブリーダーのところに電話して

 

買っちゃうパターンが多いと思うのですが、だいたい上のほうにでてくるブリーダーは

 

宣伝熱心(汗)だけど、犬がいい子かどうかの目安にはならないかも・・・。

 

 

 

あとは前にも言いましたが

 

「ま、いっか」

 

という気持ちを忘れないこと。

 

 

たとえば、人と人が結婚して一緒に暮らしても

 

他人と他人ですから、ぜったいにわかりあえないこともある。

 

でもみんな、自然と、「ま、いっか」を身に着けて、折り合いをつけている。

 

人と人でも、です。

 

 

犬と人が暮すのは、言語が違う、脳が違う、種族が違う。

 

だから、ぜったいに、自分の思う通りにならないことなんて、いくらでもあると思うのです。

 

そんなときは、「ま、いっか」を思い出してください。

 

そして、声に出して「いてくれて、ありがとう」って言ってみてください。

 

そしたら、ちょっとイラッと来たおしっこの失敗とか、メガネをガジガジに壊されたこととか

 

トイレシーツをビリビリにされたこととか、「ま、いっか。いてくれるだけでしあわせだわ」と

 

思えるような気がするんです。

 

 

今年は、ひよこが亡くなって、ファミリーキャンプのときも夏休みの時もずっと

 

ひよこのことを思い出していました。

 

生きてさえいれば、楽しい夏がなんども来たのになあと。

 

 

生きて、自分たちの傍らにいてくれるだけでしあわせなことだし

 

その子に出会えたことだけでも何万通りの確率を経て出逢えたわけだから

 

やっぱり、出逢えたことそのものが、ものすごいことですよね。

 

 

 

うちにいる犬たちは、オーストラリア、イタリア、ノルウェー、ドイツ、アメリカなど

 

いろんな国から来た子たちですが、どんな縁が自分たちを出逢わせたのかなと思うと

 

大事にしなくちゃいけないなあと・・・つくづく、感じます。

 

 

 

いま、すでに犬たちと暮している人たちは

 

「この子がいてくれる、しあわせな夏」を

 

大事に、過ごしてください。

 

これから犬を迎える方は

 

この夏じっくり考えて、自己分析して、自分が迎えるべき子をきちんと

 

迎える準備の夏にしてください。

 

来年は、オンリーワンが隣にいる夏になりますように。

 

 

iPhoneImage.png

 

 

うちは、ワイアーフォックステリア、ジャックラッセルテリア、ボーダーテリアの

 

専門犬舎です。

 

業者さん、繁殖を主目的にする方への譲渡は行っておりません。

 

唯一の販売の条件は、家庭犬として大事に育ててくださること、それだけです。

 

現在は、ジャックラッセルテリア(リードトレーニング、お留守番トレーニング、社会化トレーニング済)

 

ワイアーフォックステリアの譲渡可能なパピーたちがおります。

 

ボーダーテリアは、まだ生まれたばかりなので譲渡については未定です。

 

見学をご希望の方、ケネルのほうまでメールかお電話ください。

 

 

053-545-0537

 

clumberup@gmail.com

 

 

 

 

 

<パピーのお問い合わせ/トリミング/ハンドリング/その他お問い合わせ> 

* ジャックラッセルテリア パピーオーナーさん募集中です。

 

*ワイアーフォックステリアはブリーディングしたばかりなので受胎確認までお待ちください。
  
*ボーダーテリアは待っている方が多く、予約優先とさせていただきます。


clumberup@gmail.com

053-545-0537 
 
子犬をお譲りする際には、お手入れ、育て方など、犬種やその子その子にあった

接し方など、きちんとアドバイスさせていただきます。

犬の幸せを飼い主さんとともに考えるのは、ブリーダーの役目です。



今日もブログを読んでくださった方は↓大志君のお写真を1クリックお願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ テリアへ
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
ただ、ただ、うれしい、ご報告。 18:21

こんにちは。

 

ファミリーキャンプのあと、ブログ担当者3日間の夏休みをとっていましたが

 

夏休みも、犬たちとたくさん遊んで、リフレッシュして帰ってきました。

 

昨日の夜に帰ってきて、今朝ははりきってケネルワークして、ああやっぱり

 

体を動かすって気持ちいいわと思ってスッキリと朝の掃除を終わらせて

 

朝ごはんをつくって、さあ食べようというそのとき。

 

 

なんと。

 

明後日より出産予定だったマカロン先生が

 

いきなり、1頭目を出産!

 

ちょっと、ちょっとーって大慌てで、お味噌汁もきのこの卵とじもほっぽって

 

産湯を用意して、朝ごはんが一転、お産の介添えがはじまりました。

 

なんていうか、たいていの犬は、産箱をガシガシとひっかいて巣作り行動をしたりとか

 

体を震わせて陣痛がきたりとか、ハァハァと呼吸が荒くなったりだとか、初産だとパニックになったりとか

 

まあいろんなケースがあるんだけれど、マカロン・ケースはというと

 

 

いつものとおり、へらへらと、にこにこと、尻尾を振ってこっちを見て

 

こっちを見て、じーっと見て、じーっと見て、あれ・・・でてきたーーーーー

 

みたいな感じで、陣痛の気配も、パニックの気配も、巣作りすらせず、なんていうか

 

あまりにも穏やかな出産で、テレビではオリンピックやってるし、水泳で金メダルがどうこうって

 

大騒ぎしているときだったけれど、我が家はというと、マカロン先生の出産リレーしてました。

 

で。。。

 

 

iPhoneImage.png

 

なんか、産後疲れを感じさせないいつもの、マカロン。

 

マカロン先生は

 

 

7マカロン

 

もとい

 

7かわうそを産んで

 

マカロン母さんとなりました。

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

 

このブリーディングは、日本だけでなく、世界のボーダーテリアブリーダーたちも

 

ものすごい楽しみにしているブリーディングだったので

 

お産の介添えしながら、Facetimeでビデオ中継したりして

 

先輩ブリーダーたちが、これはレッドになりそう、これはグリズリーになりそうと

 

みんなでお産と、7マカロンズを見守ってくれました。

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

 

つやっつや

 

ぴっかぴかの

 

美しい赤ちゃんたちです。

 

 

ほんとうによく動き、健康そのものの赤ちゃんたちです。

 

生まれたては、仮死状態で生まれてきたりして、生きてほしい一心で

 

必死で蘇生処置して、産声をミャーミャー大きな声で鳴かせて、酸素を吸わせて

 

産湯であたためて、とにかく、生きなさい、生きなさいって、こっちの世界に連れてくるまで

 

気が気じゃないけれど、ミャーミャーと大きな声で鳴き、唇や、ちいさなちいさな肉球が

 

ピンク色に血の気をおびてくると、ようやくほっとして、ああこの子の犬生がはじまるんだと

 

しみじみと感じます。

 

うちで生まれる子はみんなこうして、この手で産湯につけて、蘇生して、ごしごしと撫でて

 

鼻から羊水を吸って、はじめての空気を吸ったんだなあとおもうと、なんだかしみじみです。

 

 

 

さあ。

 

これから、子育てがはじまります。

 

子犬たちは、長い犬生の一歩がはじまりました。

 

愛される犬になるよう

 

愛情深く、厳しく、やさしく、丁寧に、育てたいと思います。

 

 

 

この、マカロンの赤ちゃんたちは、うちの最初のボーダーテリア、ペコが脈々と

 

つながっている赤ちゃんたちで、そして、今年2月にアメリカから来日した

 

JACKの初めての赤ちゃんでもあり、この喜びはうまく言葉にならないくらいの

 

感動しています。

 

 

 

ひとまず

 

無事に生まれたご報告でした。

 

 

 

<パピーのお問い合わせ/トリミング/ハンドリング/その他お問い合わせ> 

* ジャックラッセルテリア パピーオーナーさん募集中です。

 

*ワイアーフォックステリアはブリーディングしたばかりなので受胎確認までお待ちください。
  
*ボーダーテリアは待っている方が多く、予約優先とさせていただきます。


clumberup@gmail.com

053-545-0537 
 
子犬をお譲りする際には、お手入れ、育て方など、犬種やその子その子にあった

接し方など、きちんとアドバイスさせていただきます。

犬の幸せを飼い主さんとともに考えるのは、ブリーダーの役目です。



今日もブログを読んでくださった方は↓大志君のお写真を1クリックお願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ テリアへ

 

 

 

 

 

| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
なつのおもいで。 14:26























まだまだお写真

たくさん

あります。

みなさん

笑顔

笑顔の

2日間でした。





今日もブログを読んでくださった方は↓大志君のお写真を1クリックお願いします♪





にほんブログ村 犬ブログ テリアへ



Check
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
| 1/393 | >>