Clumber Up NewsDOGSHOW RESULTS.Puppy News and informations!
from CLUMBER UP KENNEL.
クランバーアップケネルからドッグショーリポートをはじめさまざまな情報をお届けします。
ドッグショーの結果もいちはやくリポート!おたのしみに。
当サイトの写真および文章の無断転載はおやめください。
(C)Copyright CLUMBER UP KENNEL All rights reserved.

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
カイ君、SUPREME CHAMPION完成。 16:32

こんにちは。

 

忙しかった週末も終わり

 

静かで、さわやかで、穏やかな月曜日です。

 

iPhoneImage.png

 

夏のような空ですが、風がさらさらと吹いて、不快指数0!

 

みたいな1日です。

 

犬たち、老犬も、若犬も、子犬も、赤ちゃんたちも

 

気持ちのいい太陽の光を浴びて、のびのびと運動。

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

赤ちゃんたちはウッドデッキで

 

母さん犬と

 

iPhoneImage.png

 

うちはブリーダーで、オーナーさんに子犬たちをお譲りしていますが

 

「売る」ことが第一の目的として業を営んでいるわけではなく

 

より健康で、健全で、本質的によい犬を育て

 

次世代につなげていくこと、そして、人も犬もしあわせである

 

日本の犬文化に関わっていくことを、大切に思っているので

 

無菌室で、完璧な売り物をつくるような感覚での犬育てはしていません。

 

こうして外に出せば、雑菌だって、虫だって、泥だって、汚れだって

 

つくかもしれないけれど、犬ですから、いろいろなものに触れ

 

抵抗力や免疫力を培い、つよく、元気に、たくましい子に育ってほしいと

 

思っています。

  

土に触れ、地面に触れ、太陽を浴び、自然のなかで犬たちを育てています。

 

もちろん!衛生管理、清掃、お手入はどこよりもきちんとしていますが・・・

 

iPhoneImage.png

 

生きる力の強い

 

強い目をした

 

愛すべき家族となれる、犬たちを育てたいとおもっています。

 

iPhoneImage.png

 

 

さて!

 

さて!

 

この週末は自分にとって、特別な日になりました。

自家繁殖犬の
 
Kai君
 
Monamour Private Stock
 
  
Supreme Champion完成!!
 

 

iPhoneImage.png

 

KAI君

 

土曜日のクラブ展で、BEST IN SHOW!!!!!

 

さらに、日曜日もKING!!!

 

これにより、オールブリードドッグショーのKING以上を5回獲得したので

 

SUPREME CHAMPION (シュープリーム・チャンピオン)を完成しました。

 

我が家の自家繁殖のジャックラッセルテリアでは、RAINBOWにつづき

 

2頭目です。

 

iPhoneImage.png

 

全犬種ショーのなかで、ジャックラッセルテリアがグループ1席になるのだって

 

強豪テリアが居並ぶ中では大変なことですし、さらに、1〜10グループの代表が並ぶ中で

 

KINGというのは1番になるということなので、それを5回以上!!

 

気の遠くなるようなプロセスを経て、まだわずか3歳前のカイ君が

 

この栄冠に輝きました。

 

 

この子は、生後12か月くらいまで、「これぞ期待のホープだ!!」というふうでもなく

 

なんとなく物足りないなあ、、、みたいな思いで、でも本犬はドッグショーが大好きで

 

エントリーしてみたら、飼い主の思いをはるかに超えて

 

昨年の本部展では、ヤングアダルトクラスからすべてのチャンピオンを破って

 

オーバースペシャルでベスト・オブ・ブリード、さらにテリアグループ1番である

 

ベスト・イン・グループ、そして、本部展(ジャパン・インターナショナルドッグショー)という

 

大舞台で、なんとリザーブキングまで登りつめ、アメリカチャンピオンは1週間で完成!と

 

飼い主の思いをはるかに飛び越えて、大きな、大きな夢を、たくさん見せてくれました。

 

 

まだまだ3歳という充実期もこれからですし、先も長いことではありますが

 

まずは、この子にありがとうを言いたいです。

 

評価してくださった多くの審査員の方々にも

 

感謝申し上げます。

 

iPhoneImage.png

 

 

これからも

 

健全で、性格のおだやかで、やさしく、人に寄り添う

 

そして、Monamourのトレードマークともいえる

 

美しく、かわいいお顔のジャックラッセルテリアにこだわり

 

ブリーディングをしていきたいと思います。

 

 

iPhoneImage.png

 

 

ほんとうにうれしく

 

晴れやかで、しあわあせな、1日でした。

 

 

<パピーのお問い合わせ/トリミング/ハンドリング/その他お問い合わせ> 
 

clumberup@gmail.com

053-545-0537 
 
子犬をお譲りする際には、お手入れ、育て方など、犬種やその子その子にあった

接し方など、きちんとアドバイスさせていただきます。

犬の幸せを飼い主さんとともに考えるのは、ブリーダーの役目です。
 
なお、商業としての繁殖を目的とされる業者さんへの譲渡は一切行っていませんのでご了承ください。
 
子犬の空輸は行っていません。飼い主さんにお会いして、直接のお渡しのみとなります。
 
ドッグショーを楽しみたい、ショードッグを迎えたいという方、お問い合わせください。


今日もブログを読んでくださった方は↓大志君のお写真を1クリックお願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ テリアへ

 

 

| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
オーナーさんを募集中のラフコート、男の子。 19:03

 

今日はお天気もよく

 

梅雨入りはまだ先〜?と思うような気持ちのいいお天気で

  

犬たちとたくさん、遊びました。

 

ブログはなかなか毎日更新できていないのですが

 

犬たちとの暮らしや、犬たちの日々の成長は

 

インスタグラム monamour0625 にて

 

こまめにアップしてますので、ぜひ、見にきてください。

 

 

さて。

 

現在、オーナーさんを募集中の男の子のパピーたちのお写真を撮りました。

 

1頭は生後8か月になる、トレーニングまで済んだ、大志君の子です。

 

この子は、家庭犬になることが前提ですが、もしもドッグショーに興味がある

 

という方で、ショーチャレンジしてみたい、オーナーハンドラーでもいつかは・・・

 

というようなことをお考えの方にも、充分に高い犬質の男の子です。

 

自分でも残したいのですが〜、、、お父さんの大志君がいますので

 

牡を残すのはなかなか、ハードルが高く

 

今回、泣く泣く・・・かわいがってくださる家族を募集しようかなと思っています。

 

 

iPhoneImage.png

 

完全歯で、とてもきれいなシザースバイトです。

 

毛質のよい、固くてハーシュな毛質のラフコートです。

 

サイズは牡でややコンパクトでコビーなタイプ、性格はおもちゃが大好き

 

人が大好きの、甘えん坊で、温和な男の子です。

 

他犬ともとてもフレンドリーです。

 

ハウス練習、お留守番練習、脚側歩行練習などのトレーニングが

 

ひととおり、できています。

 

 

iPhoneImage.png

 

この子と

 

iPhoneImage.png

 

この子は 

 

2月生まれです。

 

デンマークのSieger's、ノルウェーのKnotteliten、スウェーデンのGoldsand'sなど

 

北欧の名血中の名血のブリーディングです。

 

この子たちも、ハウス練習とお留守番練習はほぼ、ちゃんとできるようになりました。

 

夜、寝る前に排泄をしてからハウスすれば、朝まで静かにハウスのなかで眠れます。

 

 

ある程度の基礎トレーニングが済み、社会化(ソーシャライゼーション)が完了した子犬を

 

お譲りするのは、迎えてからの負担が大幅に減りますし

 

情緒の安定した子を迎えることは、これから犬と暮らすご家族にとっても

 

育児ノイローゼみたいなことがなく、ほがらかで、おだやかな犬育てを楽しめる

 

大事な要素となるからです。

 

とくに、お子様のいらっしゃるご家庭、お仕事があり日中お留守にするご家庭

 

シニアやセミシニア家庭などでは、右も左もわからない、怪獣のようなパピーをお渡しするより

 

ある程度のトレーニングや、社会化練習のなかで、人の声に耳を傾ける

 

人の存在をちゃんと理解し、意識するパピーを迎える方が、ずっと育てやすく

 

あまりの楽さに、びっくりされるくらいだと思います。

 

また、肉体的にもきちんと育っているパピーをお渡しすれば当然に免疫力も抗体力も

 

ベビーをお渡しするよりもきちんと備わり、急な病気や体調不良などのリスクも

 

かなり低いと思います。

 

子犬は幼い時でないと懐かないとか、小さなころから育てる方が躾がしやすい

 

というのは、この日本というペットショップ文化がつくりだした間違った思い込みです。

 

人との信和や親和を幼少期にブリーダーのもとで学んだ子犬は

 

一生、人に寄り添い生きていくパートナードッグに育っていくこととおもいます。

 

 

爪切りや、ブラッシング、歯磨きなどをトリミング台の上で行う

 

テーブルトレーニングも、日常の習慣として教えています。

 

 

決して、生後8週(生後56日)程度で売りたい販売業者の口車に乗せられ

 

迎えるのは幼いほうがいい、みたいな思い込みをせず

 

ライフスタイルや暮らし方、家族の在り方をよくみなおして

 

人にも、犬にも、ムリやストレスのかからない子犬の迎え方、迎え先を

 

ご検討ください。

 

 

販売を目的とする業者(自称ブリーダーっていうひともいるけど)は

 

生後3か月以降、5か月とか、6か月とか、8か月とか、15か月まで

 

残して、お手入して、育てて、トリミングして、トレーニングしてから

 

お譲りするなんて言う手間暇を、かけている余裕もないしできないので

 

なるべく早く!売りたいっていうのが本音のようですが

 

 

 

自分たちは・・・

 

ちゃんと育てて、犬が生きていくうえで必要なことを教えてから

 

縁のある方にお譲りしたいと、おもっています。

 

iPhoneImage.png

 

長く、10年以上のよいお付き合いのできる方々にご縁があったらいいなというふうに

 

思っています。

 

犬を売ってハイおしまい!ではありません。

 

犬をお譲りしたその日から、長いおつきあいのスタートです。

 

 

 

ご興味のある方、お問い合わせください。

 

見学も受け付けております。

 

 

 

 
<パピーのお問い合わせ/トリミング/ハンドリング/その他お問い合わせ> 
 

clumberup@gmail.com

053-545-0537 
 
子犬をお譲りする際には、お手入れ、育て方など、犬種やその子その子にあった

接し方など、きちんとアドバイスさせていただきます。

犬の幸せを飼い主さんとともに考えるのは、ブリーダーの役目です。
 
なお、商業としての繁殖を目的とされる業者さんへの譲渡は一切行っていませんのでご了承ください。
 
子犬の空輸は行っていません。飼い主さんにお会いして、直接のお渡しのみとなります。
 
ドッグショーを楽しみたい、ショードッグを迎えたいという方、お問い合わせください。


今日もブログを読んでくださった方は↓大志君のお写真を1クリックお願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ テリアへ

 

 

 

| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
いつの間にかアメリカに行って帰って来てまた・・・ 22:07

 

さっきから4回くらい書いては、なぜかフリーズして消え

 

もう、頭がフラフラですが〜

 

お写真だけでも・・

 

iPhoneImage.png

 

アメリカに行って、サンディエゴ在住のFinnと、Rancho Cuccamonga在住のTysonが

 

ドッグショーに会いに来てくれました。

 

久々の再会に、うれしくてウルウルでした。

 

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

こんなふうで、カリフォルニアに住むファミリーたちも

 

みんな元気に楽しく暮らしていました。

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

アメリカ行く前の、プチファミリーピクニックは

 

クランバーアップケネルにできた、山のドッグランで行いました。

 

見ての通り、みんなそっくりさんのかわいいお顔で

 

やっぱり、うちの子たちはかわいいよねえ〜と

 

飼い主さんたち、目尻さがりっぱなしの1日でした。

 

ブリーダー冥利につきる、とてもしあわせな1日でもありました。

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

蚊を避けるバンダナも、みんなお揃いでつくっていただきました。

 

iPhoneImage.png

 

アメリカに行っている間も、ボーダーテリアたちは

  

ひたすら食べ続け、モクモクと大きくなっています。

 

英国ボーダーテリアのクラブ、メルボルンの提携ブリーダー

 

ボーダーテリアクラブの発表などをもとに、今回のボーダーテリアたちから

 

食餌を一切、変えました。

 

そして、その大切さもいま実感しています。

 

これについては、今後、ボーダーテリアクラブオブジャパンをきちんとつくり

 

ボーダーテリアの食事と発育、ボーダーテリアの食事と気質などについて

 

いま、海外のブリーダーたちがどのような取り組みをしているのかも含めて

 

きちんと情報発信をしていきたいと思いますが

 

パピーをお迎えになる方には、個別にきちんとご説明させていただきたいと思います。

 

くれぐれも、安価な質の悪いフードをあげることは、健全な発育のさまたげになりますので

 

やめていただきたく、お願いいたします。

 

現在はBARF(生食)を基本にしてタンパク質、野菜など、バランスよく食べさせています。

 

タンパク質は、馬肉、鶏肉、ラム、牛、卵など、サイクルさせています。

 

 

まだ時差ボケもあり、うまくブログ更新できていませんが

  

とり急ぎ、ご連絡としましては

 

6月も予定がバンバンに入ってきつつありますが

 

平日はたいてい、在舎しております。

 

土日のパピーの見学は、ドッグショーや海外への遠征がない限りは

 

おりますので、事前にご連絡ください。

 

 

●ボーダーテリアは現在は飼い主さん募集中のパピーはおりません。

 

●ワイアーフォックステリアは交配はしましたが詳細は出産後にお知らせいたします。

 

●ジャックラッセルテリアは、ラフコートのパピーのみ現在お譲り可能です。

 

コートの長めで、当ケネルのトレードマークである美しいお顔のパピーたちです。

 

家庭犬として大切にしてくださる方にのみ、お譲り致します。

 

お父さんは昨年フランスから連れ帰ったZen君で、血統はスウェーデン、デンマーク、ノルウェーの

 

北欧の血液です。

 

北欧の血液の特徴は、安定した気質、抜きんでた健全性、精神面の穏やかさ、身体能力の高さなどで

 

このZen君は、ジャックラッセルテリアの血統をわかる人がみたらもう、WOW!!というような

 

ほんとうに素晴らしい血統を備えています。

 

すでに英国で活躍する多くの若い犬たちは、Zen君の子たちです。

 

今年のクラフツでReserve Best BitchだったのもZen君の子で、アイルランドナンバーワンパピーも

 

Zen君の息子です。

 

ドッグショーにも出られる程度の、ほんとうに良い資質のパピーたちです。

 

世界でも最高クラスのブリーディングだと思います。

  

 

ご希望の方、お問い合わせください。

 

 

はっきり言って・・・

 

美犬たちです(^^)。

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

 

うちのジャックラッセルの最大特徴は、気質のよさと、お顔の美しさです。

 

(ほかにもわが子自慢はたくさんありますが♪)

 

 

いわゆる、ガウガウで、めちゃくちゃで、たえず動いてて、走り回ってて、制止がきかなくて

 

ジャック・ラッセル・テロリスト!

 

みたいな気質では、ありません。

 

 

活発だけど、過活動ではなく

 

陽気だけれど、吠えたり興奮したりがなく

 

友好的で、明るくて、人が大好きで、人に寄り添って、穏やかで、理知的で、温和で

 

誰とでも暮らせる犬たちを、育てていると自負しています。

 

はじめて犬を迎える方でも、おおらかに、たのしく、ともに暮らしてもらえるとおもいます。

 

そして、なにより見た目は、ブリードスタンダード(犬種標準)にのっとり

 

過度のアンダーサイズやオーバーサイズもなく、立ち耳や、極度の胴長短足などでもなく

 

バランスのよく、姿の美しいジャックラッセルテリアたちです。

 

姿なんて関係ないという人もいるかもしれないけれど、犬種標準がある限りは

 

犬種標準になるべくのっとって、正しい姿を継承していくのはブリーダーの務めです。

 

極度の近親交配や、無計画の増殖繁殖なども、行っていません。

 

1年1度は、海外から異血を導入し、犬種の健全なる維持と発展を目的とした計画繁殖を行います。

 

業者さんへの譲渡は行っておりません。

 

庭犬として愛してもらうご家庭にのみ、お譲りしています。

 

 

iPhoneImage.png

 

 

ご希望の方

 

ご連絡ください♪

 

 

 
<パピーのお問い合わせ/トリミング/ハンドリング/その他お問い合わせ> 
 

clumberup@gmail.com

053-545-0537 
 
子犬をお譲りする際には、お手入れ、育て方など、犬種やその子その子にあった

接し方など、きちんとアドバイスさせていただきます。

犬の幸せを飼い主さんとともに考えるのは、ブリーダーの役目です。
 
なお、商業としての繁殖を目的とされる業者さんへの譲渡は一切行っていませんのでご了承ください。
 
子犬の空輸は行っていません。飼い主さんにお会いして、直接のお渡しのみとなります。
 
ドッグショーを楽しみたい、ショードッグを迎えたいという方、お問い合わせください。


今日もブログを読んでくださった方は↓大志君のお写真を1クリックお願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ テリアへ

 

 

| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
怒涛の1月からGW。 18:04

ふう。

 

まだ脳も体も放心状態のような感じですが

 

1月、2月、3月、4月、アメリカ、イギリス、ジャパンインター

 

さらに、自分たちのクラブ主催の展覧会、すぐさま幕張3DAYSのドッグショー

 

もう、なにをどうやって1つ1つこなしてきたのか記憶が曖昧なほど

 

怒涛のように過ぎ去った日々がようやく、いったん停止というか

 

ようやくGWまで乗り切りました、という感じです。

 

の忙しいさなかでも、なによりも、犬たち。

 

なによりも犬たちが健康にすくすくと成長してくれることに重きを置いて

 

ドッグショーの結果もふくめて、出せて来てよかったなと思います。

 

昨夜ようやく幕張のドッグショーからケネルに帰ることができました。

 

 

もう、くったくた。

 

iPhoneImage.png

 

おチビのピックミーは、初めての旅、初めてのロングドライブ、初めての遠征

 

初めてのドッグショー、初めてづくしなのにもかかわらず

  

初日から、BABY BEST IN SHOW!!!

 

5月3日、5月4日、5月5日と3日間で、BABY Best in show、BABY Reserve Queenと

 

とても立派な成績でした。

 

驚くべきはその性質のよさで、はじめてでもビビらず、こわがらず

 

大きな犬も小さな犬もへっちゃら

 

長旅もなんのそので、しっかりとごはんを食べて

 

集団行動をちゃんと学習し、お兄さんお姉さんたちにまじってがんばりました。

 

iPhoneImage.png

 

性質のよい犬を育てるというのは

 

勝つためとかいうことでなく、あらゆる環境の変化や、ことなるパターンの日常に

 

おおらかに、タフに、順応できるハートの持ち主を育てるということで

 

犬がおおらかで、ストレスを感じないということは、ストレスから病気になったり体調を崩すことがない

 

という意味でも、ほんとうに大事なことだなとおもいます。

 

さらに、初めての会場で、ショーマナーのトレーニングを特にしたわけでもないのに

 

ちょっと朝練習しただけで、ショーの手順を覚えてしまうかしこさも

 

ワーキング・ブリードであるジャックラッセルテリアという犬種であるという意味でも

 

すごく大事なことだなとおもいます。

 

今回は、ベビー、パピー、チャンピオンたちをエントリーしましたが 

 

パピーのThinkerとDaisyもパピーで リザーブキング、リザーブクィーンでトロフィーもらい

 

大人のカイ君、ラニちゃんも揃って連日のテリアグループ1席でした。

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

オトナたちも、チビたちも、みんなほんとうにがんばってくれて

 

iPhoneImage.png

 

だいぶ暑かったけれど、クールジャケットなどがとても役立ちました!

 

iPhoneImage.png

 

最後はちょっとだけ、海浜公園で海遊び。

 

 

もう、ヘトヘトですが、無事に乗り越えてよかったと安堵しています。

 

諸処、ご連絡などが遅れていて申し訳ありません。

 

 

明日よりひとつづつ、対応させていただきたいと思います。

 

ジャックラッセルテリアのパピー

 

家庭犬として迎えたい方

 

ショードッグ兼家庭犬として迎えたい方

 

世界でも最高のレベルのジャックのパピーを迎えたいという方

 

すべての子たちは、家庭犬として大事に愛され、家族の一員となることを条件にして

 

お譲りしています。

 

繁殖業者の方、販売を目的としている方、将来に繁殖を希望される方については

 

基本的にお断りさせていただいております、悪しからずご了承ください。

 

家族の一員として大事に迎えてくださる方への、条件や、規制や制限などは

 

とくに設けておりません、かわいがって育ててくださいという1点のみのお願いです。

 

 

ボーダーテリアは現在はお譲りできる子犬はおりません。

  

ワイアーフォックステリアは、いまのところ子犬はおりませんが

 

ブリーディングをしましたら、ご予約のある方からご連絡をさせていただいております。

 

 

iPhoneImage.png

 

犬舎見学は、ご予約(お電話もしくはメール)をいただいたのち

 

受け付けております。

 

アポなしで見せてくださ〜い、というのは受けておりません。

 

犬たちの平和でおだやかな生活環境を守るためのことと、ご理解いただければと思います。

 

 

見学やご相談のお問い合わせがありましたら

 

clumberup@gmail.com

 

053-545-0537 (am 10:00 ~ pm 17:30)

 

受け付けております、よろしくお願いします。

 

 

 

 

<パピーのお問い合わせ/トリミング/ハンドリング/その他お問い合わせ> 
 

clumberup@gmail.com

053-545-0537 
 
子犬をお譲りする際には、お手入れ、育て方など、犬種やその子その子にあった

接し方など、きちんとアドバイスさせていただきます。

犬の幸せを飼い主さんとともに考えるのは、ブリーダーの役目です。
 
なお、商業としての繁殖を目的とされる業者さんへの譲渡は一切行っていませんのでご了承ください。
 
子犬の空輸は行っていません。飼い主さんにお会いして、直接のお渡しのみとなります。
 
ドッグショーを楽しみたい、ショードッグを迎えたいという方、お問い合わせください。


今日もブログを読んでくださった方は↓大志君のお写真を1クリックお願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ テリアへ
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
ショードッグって美しい。ジャパンインター写真館。 23:22

こんばんは。

 

ジャパンインターナショナルドッグショーのお写真

 

まだ、お見せしていないものがたくさんあって

 

写真家の、中村陽子さんがそれは素晴らしい写真をたくさん!

 

撮ってくださっていました。

 

その瞬間、瞬間の感動がよみがえるような、お写真たちです。

 

ぜひ、ご覧ください。

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後は、ビッグスマイルでした。 
 
写真って、なんて色鮮やかにあの日のことを思いださせてくれるんだろうと
 
いまも毎日、お写真みては感動しています。
 
 
このショードッグたちは、自分たちが大事に、大事に、育ててきた、宝物みたいな存在です。
 
みんなが輝けるお手伝いができたのだったら
 
しあわせなことだったなと、思います。
 
 
 
 
 
ドッグショーはじめてみたいけど、どうやってはじめたらいいのかわからない。
 
マナー入れを頼みたいけど、知らないところに預けるのが心配。
 
新米ブリーダーだけど繁殖とショーイングのノウハウを相談しながらショーイングしていきたい。
 
ブリーダーさんからパピーを買ったけど、ドッグショーに出せるなら出してみたい。
 
 
でも、いざ、はじめるとなったら、「どうやったらいいの???」
 
みたいな人たちもいっぱい、いると思うんです。
 
もしも、興味があるけどどうしたらいいのかわからないっていう方
 
ご相談ください。
 
その犬、その犬に合った、あるいは、その飼い主さん飼い主さんに合うような
 
ショーイングのかたちを、提案していきたいと思います。
 
 
 
 
ちなみに
 
「テリア専門ハンドラー」
 
「コーギー専門ハンドラー」
 
という誤解があるようですが、そもそもは、ドーベルマンピンシャーからスタートしまして
 
ゴールデンレトリバー、アメリカンコッカースパニエル、イングリッシュコッカースパニエル
 
イングリッシュセッター、ジャーマンショートヘアードポインターなど
 
大型犬種、スポーティング(ガンドッグ)、レトリーバー犬種や、ワーキング犬種などでは
 
数々の記録をもっておりまして
 
あるいは、ブリュッセルグリフォン、フレンチブルドッグ、パピヨン、などのトイ犬種についても
 
数多くのショードッグたちを育てて来ております
 
オールブリードハンドラー(全犬種を扱うハンドラー)です。
 
 
こんな犬種もやっておりますが・・・
 
まずはご相談ください。
 

 

<パピーのお問い合わせ/トリミング/ハンドリング/その他お問い合わせ> 
 

clumberup@gmail.com

053-545-0537 
 
子犬をお譲りする際には、お手入れ、育て方など、犬種やその子その子にあった

接し方など、きちんとアドバイスさせていただきます。

犬の幸せを飼い主さんとともに考えるのは、ブリーダーの役目です。
 
なお、商業としての繁殖を目的とされる業者さんへの譲渡は一切行っていませんのでご了承ください。
 
子犬の空輸は行っていません。飼い主さんにお会いして、直接のお渡しのみとなります。
 
ドッグショーを楽しみたい、ショードッグを迎えたいという方、お問い合わせください。


今日もブログを読んでくださった方は↓大志君のお写真を1クリックお願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ テリアへ
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
| 1/405 | >>