Clumber Up NewsDOGSHOW RESULTS.Puppy News and informations!
from CLUMBER UP KENNEL.
クランバーアップケネルからドッグショーリポートをはじめさまざまな情報をお届けします。
ドッグショーの結果もいちはやくリポート!おたのしみに。
当サイトの写真および文章の無断転載はおやめください。
(C)Copyright CLUMBER UP KENNEL All rights reserved.

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
2018年Clumber up ファミリーキャンプのお知らせです。 22:00

こんにちは。

 

昨日まで行われていました、ジャパンインターナショナルドッグショーから帰ってきました。 

 

今年も、ジャックラッセルテリアは24頭のエントリーという激戦のなか

 

牡は、MONAMOUR PRIVATE STOCK (KAI) がBEST OF BREED

 

MONAMOUR NEVER ENDING STORY (PON) がAward of merit

 
牝クラスは、MONAMOUR MISS LOVESONG(HIKARI)がウィナースを獲得し
 
その後、チャンピオンクラスに挑み、すべてのチャンピオンを破ってのBest of breedでした。
 
Award of meritには、Monamour Take me to the moonとMonamour White Kissが選ばれ
 
ほぼ、ほぼ、入賞の席次を全部に近いくらい当ケネルの犬たちでもらうことができました。
 
昨年は、Monamour Part time lover(Yukkio)とMonamour Eyes wide shut (Lani)が
 
その前年は、Monamour Private Stock (Kai)とMonamour Take me to the moon(Rainbow)が
 
ジャパンインターナショナルドッグショーでブリード審査に勝っています。
 
ブリーダーにとって、ブリード審査というのは、自分の繁殖を見定めていくための要になるものです。
 
あの、大勢のギャラリーがいて、騒然とした会場、大きな音やリングの光、シャッター音や
 
多数のカメラが並ぶ状況で、どの子もたのしく、尻尾フリフリでドッグショーを楽しんでくれたこと
 
これは自分のブリーディングの、「気質と性質のよさ」が今回はとくに見られたのかなとおもいました。
  
海外のドッグショーに行けば、もっとものすごい騒音や、喧噪のなかでも、ショーしなくてはならず
 
それには、トレーニングも大事だけれど、本来もっている「動じない」という気質も大切です。
 
かつて自分の犬たちは、ここまで気質が強くなく、シャイでもないけれど、強くもなくのんびり屋さんが
 
多かったのですが、やはり陽性をどう強化していくかということは、自分のブリーディングの
 
いちテーマでもあったので、今回は、ドッグショーも初めて、インドアショーも初めて、なにもかもが
 
初めてづくしの、1歳になったばかりのヒカリが、尻尾ふりふりで、笑顔をふりまいてショーをしてくれたのが
 
自分としては、なによりもうれしかったです。
 
 
 
 
 
 
ドッグショー会場、東京ビッグサイトには、Clumber up Kennel出身の犬たち、オーナーさんが
 
たくさん遊びに来てくれました。
 
こういう機会に、皆と会えるのはほんとうにうれしいし、元気もらいます。
 
また、自分の犬が生まれ育ったお里であるブリーダーを、誇らしく胸を張ってもらえたらと
 
そう思っています。
 
自分の愛犬にはちゃんと、生まれ育ったお里があり、お父さん犬がいて、お母さん犬がいて
 
その子の犬生のしあわせと健康を願うブリーダーがいるということは、あたりまえですが
  
とても大事なことです。
 
K9親戚さん探しなどのサイトで、自分の愛犬の親戚さんは簡単に探せるのかもしれません。
 
でも、お母さん犬は?
 
お父さん犬は?
 
どんな暮らしをしてるのか、しあわせなのか、大事にされているのか
 
ペットショップで仔犬をむかえればそんなことはなにもわかりません。
 
わかったらショックで落ち込むような、悲惨で壮絶な環境下で繁殖に使われている犬たちも
 
たくさん、たくさん、います。
 
だから自分たち、「シリアスブリーダー」は
 
その子犬が、仔犬の時代から亡くなるまでの一生を通じて、飼主さんと寄り添う存在でありたいと
 
思っています。親犬たちをできるだけしあわせでいてもらえるように育て、いつでも会いに来てもらえるよう
 
いつでも遊びに来てもらえるよう、そんなブリーダーでありたいと思っています。
 
とはいえ、なかなか、頻繁に、しょっちゅう、お会いすることも難しいので
 
1年1度、ファミリーキャンプを行って、1年1度はみんなで顔をあわせて近況報告したり
 
犬たちの成長をともに喜び合う時間をつくりたいなと、思っています。
 
iPhoneImage.png 
 
 
ぜひ、お里帰りするって思ってご参加ください。
 
なかなか、雨が降っても台風が来ても、変更なく借りられる会場というのは少なく
 
やはり、利便のよさ、屋根付きドッグラン、貸切の宿泊などを考えると
 
山中湖のWoofより良い場所は見つけづらく、しかしながらWoofは団体貸切が抽選だったり
 
とにかくもう、めいっぱい埋まっていて、なかなか借りられなかったのですが
 
今年はかなり早くから打診して、いろいろお願いを聞いてもらいまして
 
9/22&9/23の土日での開催となりました。
 
もちろん、9/23(日)のみの参加も、問題ありません!
 
昨年は、写真家中村陽子先生のお写真講座、簡単お手入れトリミングレッスン
 
ミテマテ☆ミニドッグショーなど、いくつかのアトラクションをしました。
 
今年も、アトラクションをたっぷり考えたいと思います。
 
いまから、日程を抑えておいてくださいね。
 
なお、Woofでの宿泊は「団体宿泊料金の適用」で、クランバーアップが30数室を
 
押さえております。
 
これだと通常料金に比べるとかーなりリーズナブルに宿泊できます。
 
だいたい、1室2名(ツインルーム)で1名あたり7500円程度になります。(素泊まり)
 
前日からの宿泊をご希望される方は、Woofさんではなくこちらまで!!
 
●宿泊者氏名
●電話番号
●住所
をメールにてお知らせください、こちらからWoofのほうにまとめて予約をします。
 
clumberup@gmail.com
 
 
 
 
ワイアーフォックステリア、ジャックラッセルテリア、ボーダーテリア
 
みんなに会えることをとても楽しみにしています。
 
まだ先の話ですが、宿泊など部屋数に限りがありますのですこし早めのお知らせとなります。
 
 
iPhoneImage.png
 
我がジャックラッセルテリアファミリーでもある、写真家の中村陽子さんも
 
また、素敵なお写真を撮ってくださることでしょう〜、ほんとうに楽しみです。
 
 
ひとまず、お知らせでした!
 
 

<パピーのお問い合わせ/トリミング/ハンドリング/その他お問い合わせ> 
 

clumberup@gmail.com

 

053-545-0537 

 

 

子犬をお譲りする際には、お手入れ、育て方など、犬種やその子その子にあった

接し方など、きちんとアドバイスさせていただきます。

犬の幸せを飼い主さんとともに考えるのは、ブリーダーの役目です。

 

なお、商業としての繁殖を目的とされる業者さんへの譲渡は一切行っていませんのでご了承ください。

 

子犬の空輸は行っていません。飼い主さんにお会いして、直接のお渡しのみとなります。

 

ドッグショーを楽しみたい、ショードッグを迎えたいという方、お問い合わせください。


今日もブログを読んでくださった方は↓大志君のお写真を1クリックお願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ テリアへ

 

よろしくお願いします!

 
 
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
イギリス出発前ですが・・・。 03:42
イギリス出発前ですがあまりにかわいかったので・・・。 
 
いま育て中の、ボーダーテリアのパピーたち。
 
2か月を過ぎました。
 
最初はお母さん犬が育児をせず、大変な時期がありましたが、無事に育ってくれました。
 
あまりにかわいいので・・・。

 

 

 

 

 

 

 

この子たちは両親ともにオーストラリアからの輸入犬で、そのラインブリードになります。

 

現在、交配をした子、妊娠をしている子はいないので

 

ボーダーテリアはこの子たち(男の子2頭います)以降は、最低でも半年はお譲りできないので

 

もし、興味があるけどどうしよっかなーと思っている方は、お問い合わせください。

 

この後のブリーディングも、これまで通り、ご予約いただいて、お待ちいただいて

 

生まれたらこちらからご連絡をし・・・というようなプロセスになると思います。

 

 

レア犬種だから、ボーダーテリアならなんでもいい、というのではなくて

 

良い頭部、健全な四肢、理知的な気質、適切なサイズ等、世界のどこに出しても

 

認められるような、良質なボーダーテリアのブリーディングに、こだわっています。

 

ケネルに足を運んでもらうと、美しいボディ、理想的なオッターフェイスのボーダーテリアたちに

 

会ってもらえるかと思います。

 

犬種を問わず、良質な計画繁殖は、ブリーダーの基本です。

 

登録頭数の少ないレア犬種ならなおさら、ブリーダーの責任は大きいでしょう。

 

 

クランバーアップケネルでは、2017年のジャパンケンネルクラブ、ペディグリーアワードランキング

 

ボーダーテリアも、牡、牝ともに日本一を受賞しました。

 

犬種の専門家として、犬種に取り組んでいきたいと考えます。

 

 

ボーダーテリアのパピー、興味のある方はお問い合わせください。

 

育て方、しつけ方なども含めて、お話しさせていただきます。

 

iPhoneImage.png

 

 

<パピーのお問い合わせ/トリミング/ハンドリング/その他お問い合わせ> 
 

clumberup@gmail.com

 

053-545-0537 

 

 

子犬をお譲りする際には、お手入れ、育て方など、犬種やその子その子にあった

接し方など、きちんとアドバイスさせていただきます。

犬の幸せを飼い主さんとともに考えるのは、ブリーダーの役目です。

 

なお、商業としての繁殖を目的とされる業者さんへの譲渡は一切行っていませんのでご了承ください。

 

子犬の空輸は行っていません。飼い主さんにお会いして、直接のお渡しのみとなります。

 

ドッグショーを楽しみたい、ショードッグを迎えたいという方、お問い合わせください。


今日もブログを読んでくださった方は↓大志君のお写真を1クリックお願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ テリアへ

 

よろしくお願いします。

 

 

 

| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
ファミリー会の日程。 14:22

おはようございます。

 

昨日は、FCI中部インターナショナルドッグショー。

 

明日は、Cruftsに向けて出発。

 

Cruftsは、ドッグショーがメインというよりは

 

Jack Russell Terrier Club of Englandでのセミナーを行うのがメインです。

 

今年もパワーポイントをさらに磨きをかけて、臨みます。

 

 

すみません、みなさんの日程だけカレンダーにチェックしておいてもらったほうがいいかなと思い 

 

連絡します!

 

今年のファミリー会は、2018年9月22日(土)、9月23日(日)を予定しています。

 

メインは23日(日)で、前入りする人たちは22日から集まりましょう〜という感じです。

 

ミニ・ドッグショーや、ミテマテ!アトラクション、わたしがイギリスで行うセミナーの

 

日本語版など、行いたいと思っています。

 

もうとにかく昨年が台風で大変だったので、やはり屋根のある会場を!

 

ということで会場の交渉がなかなかもう、どこもかしこも秋は混雑していて

 

この日程はどうにか、、、おさえられそう。という感じです。

 

ですので、ちょっと早いですが先に日程をお知らせしておきますね。

 

みなさん、ぜひ、ご都合あけておいてください。

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

自分たちが愛情を注ぎ育てた子たちが、オーナーさんたちの元に巣立ち

 

ファミリー会で1年1度でも、顔を見て元気にしあわせに暮らしている姿に会えるのは

 

ブリーダーのいちばんのしあわせ。

 

また、ペットショップで犬を迎えるのといちばんの違いは、兄妹犬や親せき犬

 

同じケネル出身の犬たちと会える、ということにあるのかなって思います。

 

 

iPhoneImage.png

 

ジャックの子たちも

 

iPhoneImage.png

 

Angusの子たちも

 

iPhoneImage.png

 

Thinkerの兄弟たちも

 

iPhoneImage.png

 

みんな、ぜひ、ご参加ください。

 

会場や詳細は後日お知らせいたします。

 

まずは、日程のお知らせだけ・・・。

 

 

 

***********************************************

 

ボーダーテリア、ジャックラッセルテリアのパピーについては

 

ケネルまで、お問い合わせください。

 

最近、「クランバーアップのジャックラッセルは100万円以上するらしい!」

 

という驚きの噂を耳にしましたが、それ、ありえません!

 

もしそんな高額で売れたら、もっといい暮らししてます(笑)

 

 

仔犬たちは、海外から最高の血統を定期的に輸入し、自然のある環境の中で

 

清潔と丁寧をなにより大切に、育てています。

 

食事は、アカナ、シュプレモなどのドッグフードのほかに、ブラックウッドのミルク

 

生肉など、コストがかかったとしても、「質の高い栄養は質のよい犬をつくる」と考え

 

おそらく、コスト考えたら絶対ムリ!というくらいの、いいごはんを食べさせるようにしています。

 

スタッフは3人がケネルに住み込み、24時間犬たちをケアしてくれています。

 

これらを考えれば、生き物の何が高くて何が安いのかは自分にはわかりませんが

 

だいたい、30万円〜50万円(ペットクオリティ〜ショーチャピオンクオリティ)くらいを目安に

 

仔犬の価格とさせていただいております。

 

コンパニオンドッグとして迎え、ドッグショーにチャレンジしたいという方、オーナーハンドラーで

 

ドッグショーに出てみたいという方のご相談にも、乗ります。

 

ジャックラッセルテリアはトレーニングも入りやすく、家庭犬ときどきショードッグも

 

楽しみやすい犬種だと思います。

 

血統書、ワクチン2回、その他の獣医さんでの処置についてはこの金額に含まれています。

 

生後3ヶ月を過ぎるまではお譲りしておりません。

 

ということは、生後3ヶ月を過ぎるまで毎日、手をかけ、世話をし、ハウスを1日なんどもお掃除

 

ハウストレーニング、リードトレーニング、呼び戻しの練習など、人間の手をかけて行います。

 

スタッフは当然に人件費ですし、暖房冷房はもちろん電気代です。

 

だから、もっと安く!ってわけにはいかないけれど、パピー1頭100万円!みたいな

 

法外な金額にはできません。

 

理由のあることにはお金をいただくことはできますが、理由のないことはできません。

 

おかしな噂がひとり歩きしませんことを、お願いします。

 

昨年、当ケネルは、英国トップスタッドドッグオブザイヤー(ジャックラッセルテリア)

 

全米ナンバーワン(当ケネル出身Tributeの息子)、

 

全仏ナンバーワン(MAX)

 

Vice World Champion(MAX) / Vice World Junior Champion (THINKER)

 

日本ではペディグリーアワードランキング、牡1位、牝1位という成績を残してきました。

 

いまも、海外からのパピーのお問い合わせはすごく多いですが

 

基本的に、コンパニオンドッグとなる子は日本国内にお譲りしたいという風に思っています。

 

(また会えるから)

 

ブリーダーを何年つづけても、自分たちで育てたパピーは自分の子どもと同じです。

  

心身ともに健康に、見た目はよりスタンダードに近く、性質の良いテリアを

  

一般の家庭犬として、迎えてもらいたいという気持ちは変わっていません。

  

とくに、ショードッグのみの繁殖なんてこともありませんし、

 

そもそもショードッグというのは最高のコンパニオンドッグです。

 

犬種として理想的な姿、サイズ、気質、性質の犬をブリーディングするよう努力し

 

計画繁殖(ココ重要!無計画繁殖はいけません)し、そのなかから次世代に犬種を

 

リレーしていく子を残し、ドッグショーにだしたりブリーディングしていくため

 

たとえば5頭の仔犬が生まれても、ブリーダーが残せるのは1〜2頭で、残せない子を

 

一般家庭に、コンパニオンドッグとしてお譲りするので、もちろん血統も同じ、

 

同じものを食べ、同じようにパピートレーニング、社会化を経て育ってきた立派な子どもたちです。

 

だからそもそも、「ペットタイプの繁殖」なんていうこと自体がおかしくて

 

ブリーダーはみな、理想的な犬種のあるべき姿に向けてブリーディングしていくということは

 

どの繁殖にとっても、同じことだと思います。

 

だからうちは、ペットタイプの繁殖はしていませんが、質の高い繁殖をし、そこで生まれた子犬のなかから

 

一般家庭に迎えていただきたい仔犬たちは、おります。

 

「ペットタイプの繁殖をする繁殖者」と、「良い繁殖をしてペットとしてお譲りする繁殖者」の違いを

 

理解してもらえたらうれしく思います。

 

もちろん、犬たちの健全性や気質も、驚くほど異なり、当ケネル出身の犬たちはみな、マイルドで

 

フレンドリーな性質が、とても特徴的だと思います。

 

 

iPhoneImage.png

 

これから子犬をむかえたいという方、お問い合わせください。

 

100万円の仔犬はいませんが(笑)

 

プライスレスの笑顔で迎えてくれるパピーたちなら、おります。

 

飼主さんの暮らしをハッピーで毎日を笑顔にしてくれる、健康でほがらかな犬たちを育てています。

  

 

 

<パピーのお問い合わせ/トリミング/ハンドリング/その他お問い合わせ> 
 

clumberup@gmail.com

 

053-545-0537 

 

 

子犬をお譲りする際には、お手入れ、育て方など、犬種やその子その子にあった

接し方など、きちんとアドバイスさせていただきます。

犬の幸せを飼い主さんとともに考えるのは、ブリーダーの役目です。

 

なお、商業としての繁殖を目的とされる業者さんへの譲渡は一切行っていませんのでご了承ください。

 

子犬の空輸は行っていません。飼い主さんにお会いして、直接のお渡しのみとなります。

 

ドッグショーを楽しみたい、ショードッグを迎えたいという方、お問い合わせください。


今日もブログを読んでくださった方は↓大志君のお写真を1クリックお願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ テリアへ

 

よろしくお願いします。

 

 

| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
2018年10月。秋のテリア展。 09:37

取り急ぎお知らせです!

 

テリアって準備するのに時間かかりますから!!!

 

 

 

2018年10月

 

当方の、静岡西インターテリアグループクラブ展(テリアグループ展)開催します!

 

 

もう、夢の、夢みたいな、すばらしい審査員を海外から招聘します。

 

長脚テリアのスペシャリスト、中脚、短脚テリアのスペシャリスト

 

どちらも、来日を快諾していただきました!

 

 

オーナーハンドラーでも、ハンドリングがハチャメチャでも

 

上手にショーイングできなくても、時間をかけて、丁寧に、「犬を」見てくれる

 

審査員たちです。

 

テリアグループ展なので、それほどたくさんのプロばかりの緊張するドッグショーではなく

 

皆でテリアを楽しむ日にしたいと思っています。

 

 

とにかく素晴らしい審査員なので、ぜひ!ぜひ!

 

いまからコートの準備を万全に、10月を目指してください。

 

そして

 

カレンダーの10月28日の欄には「テリア展」と書き込んで

 

スケジュールをキープしておいてくださいね♪

 

 

審査員は後日発表します。

 

ボーダーテリアの方々も、ケアーンテリアの方々も、エアデール、ワイアー、ウェルシュ

 

あらゆるテリアに精通したジャッジですので、ぜひ、お楽しみに!

| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
怒涛の幕開け2018年そして。 12:45

こんにちは。

 

みなさま、だいぶご無沙汰してました。

 

2017年のクリスマスのちょっと前に、スタッフがアクシデントで事故に遭ってしまい

 

しばらくの入院となり、それにともなって、ケネルワークのシフトをどうにか

 

こなさなくてはということで、だいぶバタバタしておりました。

 

いまもバタバタしていますが、犬たちも、元気にこの(最強寒波)冬を過ごしています。

 

みなさんの地方は、雪、凍結、インフルエンザ、大丈夫でしたか?

 

 

ケネルのある浜松市(愛知県との県境)は、雪はほとんど降らないものの、水道が凍ったり

 

朝、お湯の出るポンプが凍ったりしています。

 

あと、いちばん恐怖なのは、ケネルの運動場のコンクリートがそこら中凍っていることで

 

朝いちばんの、犬たちを運動場に出す作業は、まさに命がけで

 

気を付けてても、つるんと滑って転ぶと、頭部を打ったりして、大変です。

 

はやく春が来ないかなと、指折り数える毎日です。

 

犬たちだって、なかなか1日中お外にいるには寒すぎるし、とはいえ運動しないと

 

エネルギーが有り余っちゃうしで、なかなか、ジレンマの毎日です。

 

iPhoneImage.png

 

そんな忙しい毎日のなか、フォトグラファーの中村陽子さんが撮影に来てくれたり

 

iPhoneImage.png

 

アメリカではTokioがリザーブ・ベストインショーをもらったり

 

iPhoneImage.png

 

昨年も行われた、Jack Russell Terrier Club of England

 

の、ブリードスタンダードセミナーを2018年もぜひやってほしいと招待を受けたり

 

iPhoneImage.png

 

ボーダーテリアの子どもたちが巣立ちの日を迎えたりと

 

忙しいながらも、毎日1分たりとも惰性に過ごしていない、ギュウギュウに充実した日々を

 

過ごしています。

 

犬育ては、忍耐と、体力と、愛情と、丁寧と、反復を、どれくらい、飽きずに同じにできるか

 

この繰り返し。

 

冬は特に、寒いし、手はアカギレできちゃうし、パピーたちは怪獣化してくるし・・・で

 

並大抵ではないけれど、犬たちの健やかなる成長と発育、これを何よりの楽しみに、毎日やってます。

 

なかなか、ブログの更新ができていませんが、インスタグラム (Instagram)で

 

毎日、仕事の合間に写真とって、ちょくちょく更新しています。

 

クランバーアップに暮らす犬たちの日常を、知ってもらえたらなと思っています。

 

最近は、パピーたち、ショードッグたちに加えて、シニアになってきた老犬たちの介護というのが

 

日常のルーティンに加わりました。

 

これもまた、なかなか、一筋縄にはいかないものではありますが

 

でも、長生きしてくれたからこそ、介護させてくれる、一緒にいてくれて、命が老いていくということを

 

自分たちに教えてくれているんだなと、そんなふうに思いながら過ごしています。

 

しんどいなあと思っても、老犬たちをみるときは、とくに笑顔と大きな声を心掛けて

 

彼らが、自分たちの声や、笑顔を、認識しやすいように、、、みたいなことを思っています。

 

 

インスタグラム

 

monamour0625

 

検索して、もちろん、フォローしてください♪

 

 

パピーの情報も、そちらでも見られます。

 

 

●ジャックラッセルテリアのパピー (ブロークンコート、ラフコート)

 

●ジャックラッセルテリアのパピー(スムース〜ブロークンコート)

 

オーナーさん募集しています、お問い合わせください。

 

めちゃくちゃがっしりしてて、かわいく、性格抜群にいい子たちです。

 

 

●ボーダーテリアについては、予約のみとなりますのでお問い合わせください。

 

きちんと犬種説明、飼育についての注意点、トレーニングなどについて

 

お話しした後に、ご予約していただくかどうかをお話ししております。

 

メールのやり取りのみの販売等は、一切、行っておりません。

 

ボーダーテリアは、大変に賢く知的で性能の高いハンティングテリアですが

 

飼育方法を誤ると、問題犬にもなりかねません。

 

犬種について、しっかりと説明することはブリーダーの責任です。

 

犬種への理解なきままに、犬種が増殖していかないためにブリーダーとしての役目と

 

思っておりますので、ご理解ください。

 

 

●ワイアーフォックステリア

 

ワイアーフォックステリアは、当面の間、ブリーディングを行う予定がありません。

 

いまいる数頭の子たちが、当ケネルが自信を持て繁殖し、お譲りできる最後の子たちになるかと

 

思います、ぜひ、日本で質の高いワイアーフォックステリアを迎えたいという方、お問い合わせください。

 

 

●ワイアーフォックステリアの成犬の譲渡

 

ワイアーフォックステリアの繁殖を今後、卒業することに伴い

 

ワイアーフォックステリアの女の子(成犬)を、譲渡いたします。

 

家庭犬としてかわいがってくださる方にと思いますので、お問い合わせください。

 

ワイアーフォックステリアについてのお話は、今後ゆっくりとブログに書きたいと思います。

 

 

 iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

 

 

<パピーのお問い合わせ/トリミング/ハンドリング/その他お問い合わせ> 
 

clumberup@gmail.com

 

053-545-0537 

 

 

子犬をお譲りする際には、お手入れ、育て方など、犬種やその子その子にあった

接し方など、きちんとアドバイスさせていただきます。

犬の幸せを飼い主さんとともに考えるのは、ブリーダーの役目です。

 

なお、商業としての繁殖を目的とされる業者さんへの譲渡は一切行っていませんのでご了承ください。

 

子犬の空輸は行っていません。飼い主さんにお会いして、直接のお渡しのみとなります。

 

ドッグショーを楽しみたい、ショードッグを迎えたいという方、お問い合わせください。


今日もブログを読んでくださった方は↓大志君のお写真を1クリックお願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ テリアへ

 

よろしくお願いします。

 

| - | comments(1) | trackbacks(0) | posted by Clumber up kennel -
| 1/412 | >>